淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

風は冷たいが…

激熱、冬チニング。
01G_2203.jpg

先日新規チェックした場所のおさらい釣行。
シルベラードベイト+ボトムワインドでアプローチ。
1301aG_2215.jpg

久々のメタニウムMGL XG +KTFバーサタイルフィネススプール。
XGはラインスラックコントロールが楽ちんですね。

「大体わかったので次はもっと効率よく攻められるはず」有言実行の19枚キャッチ㊗️
冬チニング最&高👍風は冷たいが水中は激熱ですね😄
1101aG_2201.jpg

FireShot-Pro-Screen-Capture-#042---19
関連記事

6 Comments

-  

こんにちは。いつも勉強させて頂いています。

ご迷惑でなければ教えて頂きたいのですがブログ、ツイッターの過去の記事を検索させていただいたのですがモリゾーさんはキビレにミノーはあまり使用されないのでしょうか?ミノーのジャークは有名ですが、リアクションの釣りではワインドの方が有利とお考えですか?

2019/01/08 (Tue) 20:08 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

私は効率厨なので、キビレ狙いでミノーを入れる状況=ミノーが他のリグよりも圧倒的に有効という状況でも無ければ入れないです。気圧の低下等、確かにキビレが上を向く=ボトム系で全く反応しない状況は存在します。でもその状況ならトップで数釣ってますし、フォローでミノー入れるよりもトップでの2桁狙って押し通しちゃいます。
一方、シーバス狙いの外道ではミノーでよく釣ってます。最近の話ですと去年の10-11月頃のシーバス外道で釣ったキビレの8割がミノーで残り2割がスピンテールでの釣果ですね。口にぶら下がっている分をピックアップしてツイッターに画像上げておきました。
https://twitter.com/morizo57/status/1082618574219296769
リアクションの釣りでは、自分の大阪湾での経験上ミノージャークよりもボトムワインドが圧倒的だと思います。もっとも秋冬のボトムワインドは反射で思わず口を使わせるリアクションではなく食性に訴えかけるアプローチだと自分では思っています!

2019/01/08 (Tue) 21:44 | EDIT | REPLY |   

-  

ありがとうございます。シーバス狙いでミノーでキビレを釣られているのは知っていましたが、ミノーで狙って釣ることがないようなので質問させて頂きました。
ボトムでもトップでもない中層のジャーキングに活路を見いだす釣り人も多い中、キビレマスターのモリゾーさんの考えを教えて頂きありがとうございました!

2019/01/09 (Wed) 08:54 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

ミノーの中層ジャーキングってそんなに釣れるんですか!?
ツイッター情報で知りましたが、ジョイクロ等で釣るチヌのビッグベイトパターンがある地域もあるそうで、各地に様々なメソッドがあって興味深いですよね。

あまり他の釣り人の釣りを知らないのでどういった釣りなのか条件(ベイトの有無や気象、水深等)というかヒントを教えて貰えたら嬉しいです!

自分のハードルアーでのアプローチが間違っているのか、エリアや条件選択が間違っているのか、今までそういう状況に巡り会ったことが無いので(情けない話、いわゆるハクパターン、イナッコパターン、カタクチパターンと言われる、フィッシュイーターが小魚に狂っている状況でもミノーだと数枚、テキサス入れたら20枚近くと大差がついてしまいます…)今年はちょっと試してみたいと思います!

2019/01/09 (Wed) 12:24 | EDIT | REPLY |   

-  

自分の場合モリゾーさんの10分の1しか釣れないのとジャークの釣りは2年しか経験がないので多くは語れませんが、数ではワームだと思いますが、ズル引きでもワインドでも釣れない直後に連発したことが何度かあります。
80cmから3メートル未満程度の浅場で釣れることが多くそれより深いポイントでは釣れたことがないです。
こちらは小魚を積極的に追いかけない地域なのですがイナッコが多い夏と、12月から3月(ベイトは分かりません。胃に内容物がありませんでした。)にかけてでした。天候は晴れでも曇りでもちょっとがあります。

ミノーがキビレ釣りに必要か不要かは分かりませんがモリゾーさんのように釣りが上手くなりたくて何でも試しています

2019/01/09 (Wed) 12:54 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

ありがとうございます!
チニングに関しては正直何喰ってるかあまり関係ないですよね。トップに出た奴、胃の中海藻とか貝殻だらけで魚入ってないとかあるあるですし。その時のベイトに合わせて釣るマッチザベイトでは無く、その時々で一番バイトが出るアプローチで釣るマッチザバイトって考えがしっくりくると思います。
ズル引きでもワインドでも釣れない直後に連発というのに可能性を感じます。既成概念、固定観念に縛られずその時々の状況を感じ取ってアプローチしていきたいですね!

2019/01/09 (Wed) 13:50 | EDIT | REPLY |   

Add your comment