淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

ボトムワインド2019

チニング ボトムワインドリグのはなし。
G_0333.jpg
JIGHEAD : Hayabusa FPJタイプラウンド 1/0   WORM : O.S.P ドライブスティック3"

ツイッターのDMで質問されることが多いボトムワインド。

真冬に月間100枚超ペースで釣ってたら何事かと思うし、そりゃ~気になりますよね。
毎度毎度、個別で返事するの大変ですし、この際だから記事化しちゃいます。

401nnlG_2312.jpg 1312qyG_1658.jpg

■エースワームはドライブスティック3"
ボトムワインドに使えるワームは数ありますが、その中でも絶対エースなワームがドライブスティック。

バスにソルトにストロングすぎる釣獲力を見せつけるドライブスティックの威力は今更語るまでもないので割愛してもいい気がしますが…
3インチワームとは思えない高比重ボディにぷるんとしたテールの質感が素晴らしい。
大体どこでも入手可能(フィッシングマックスはO.S.P製品取り扱い無し)で、カラーラインナップも豊富すぎるくらい豊富。
スペック2という低比重版もあるので使い分けることも可能。

セッティングは基本腹側を上にして刺します。(刺し方は所謂ダートセッティング。ググってね)
1匹釣って裂けたら背中を上で刺し直します。背中上でも普通にダートするしガッツリ釣れます。

ヘッド部分馬鹿になったら1cm位ならちぎって使っても釣れますが、それ以上はフォール時のスパイラル間隔が短くなりすぎてバイトが減る感じです。

夜間等、更に移動距離を抑えたいときは扁平なワームを使うのも面白いですが、やはりO.S.P×ハヤブサの並木スタイルが王道。
ボトムワインドでチヌ・キビレを乱獲するために専用開発されたのかと疑うレベルのハイクオリティ(笑)

■ジグヘッドはハヤブサ FPJタイプラウンド 1/0
G_0299.jpg

セットするジグヘッドはハヤブサ、FINAのラウンドタイプジグヘッド。
特にダート用に設計されたJHではないですが(何故ラウンドが良いかは後述)

このJHのシャンク長/ゲイブ幅が抜群に良い。
3インチスティックベイトを使用したボトムワインドでチヌキビレを釣るために専用設計されたのかと思うくらい絶妙(笑)
そして、コート/エアロポイント採用でとにかく掛かる。

ラインナップも豊富で、重さが6種類(1/32oz 1/20oz 1/16oz 3/32oz 1/8oz 3/16oz)に、シャンク長が4種類(2 1 1/0 2/0)
チョイス可能(重さによって設定無し)

唯一残念なのは5.2g以上の設定がないこと。 
1/0フックの7gと10gがあれば強風や急流でも対応出来るのに(並木さんお願いします!)

■ラウンドヘッドってどうなの?
ソルトシーンでのワインドといえば、左右へ綺麗にクイックなダートをしたり、素早くフォールしたほうが釣れるイメージ。
実際それを売りにしているJHが多いですし、ラウンド(笑)ってな扱いです。

ですが、ことボトムワインドでキャッチ率を上げるキモは「ダートしすぎない」事と「イレギュラーなスローフォール」です。

近年、ワインドと言えばタチウオ!な、タチウオワインドシーンでもバンバンダートさせるより、ゆったりしゃくる方がフッキングが良いとされ、がまかつからスローワインド専用のラウンドタイプジグヘッドまで登場しています。

チニングにおけるボトムワインドがまさにそれ。
ダートさせすぎないことでミスバイトを減らし、しっかりと吸い込ませることでキャッチ率を上げることが可能です。
時代がチニングに追いついてきたといっても過言ではありませんね!(知らんけど)

ガッツリ吸い込み、ヘッドバイトで歯形だらけ 
512qqG_1594.jpg G_0228.jpg

姿勢も安定しているのでクルクル回転したりせず飛距離&アプローチ精度も良い。

■タックル
タックルはスピニング/ベイトどちらでもいいですが、リールは最大巻上長85cm以上あるハイギア(ベイトだとXG)がオススメ。
(ブラックバスのメタルバイブの釣りと同じ理屈)
1312qG_1653.jpg 1012zG_1559.jpg

■マット塗装もアリ
なお、真冬の澄み潮/ドクリアでヘッドキラキラさせたくないときはファインケミカルジャパンのスプレーブラッセンでマット塗装。
G_0304.jpg G_0315.jpg
ゴム手袋した手で3つもって、ブレクリで油分飛ばして、ドライヤーで熱して塗装。ドライヤー当てて乾燥。以上。
一発釣れば剥げますが、その一発が重要なことも。
関連記事

26 Comments

-  

いつも勉強させてもらっています。
762MLベイトとスティーズ1012でのキャストについて教えて頂けませんか?
ブレーキセッティングはどうされていますか?またリグによりますが飛距離はどれだけ出ますか?バックラッシュをすると釣りになりませんし、とはいえブレーキが強いと飛距離が出ません。

モリゾーさんは振り抜くキャストを推奨しておられますがオリムの動画もかなり振り切っていますが、動画を見る限りオーバーヘッドキャストではなくスリークォーター気味に見えます。キャスト方法でもバックラッシュしやすさ、しにくさがあるのでしょうか?

2019/03/10 (Sun) 19:56 | EDIT | REPLY |   

-  

また、過去の記事に「ブランクを曲げれずに手投げになるとバックラッシュする」ということが書かれていたと思いますがその理屈を教えて頂けないでしょうか?
というのは自分は強く振り抜く方がバックラッシュします。

2019/03/10 (Sun) 20:01 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

ブレーキはメカニカルフリー、マグダイアルは3~4(個体によっては4~5)。3.5gやプラグを投げる際は+2て感じです。
http://yodogawasuzuki.seesaa.net/archives/201806-1.html
に、「向かい風で投げる自分の9ftのシーバスロッドのバイブレーションよりも淀川キビレマニアックさんの投げる7gシンカーのベイトタックルのほうが、飛距離が出ているではないか!そんなことがあるのか!何度投げても飛距離の差は変わらない」
とあるので、それなりに飛んでますね。柔らかいシーバスロッドより、しっかり振り切れる、反発力のあるハリのあるロッドのほうが飛ぶという例だと思います。
 
スリークォーターのほうが、腰のひねり(回転)が使えるので下半身の力を伝達可能。
ロッドを止める、フィニッシュの位置が決まっている以上、それまでの時点でどれだけロッドを曲げられるかで飛距離が決まる。12時で止めるとして、オーバーヘッドだと肩の可動域的に10-12時、一方スリークォーターだと可動域が広がるので8-12時と言った具合。

ブランクスの反発力を使って投げる。
弓矢をイメージするとわかりやすいですが、弓矢って、弦にかけた矢を引いて、弓を曲げて弓の反発力で矢を飛ばしますよね。もし弓が曲がっていなかったら矢は飛びますか?
それと同じで、ルアーの重みでブランクスを曲げて、ブランクスの反発でルアーを飛ばすんです。
もう一度弓矢の話に戻りますが、弱い力で簡単に曲がる弓と、強い力を入れないと簡単には曲がらない弓だとどちらが飛びますか?後者ですよね?

簡単に曲がる反発力の弱いロッドをゆっくり振るキャストというのは竿を使わずスプール回転の滑らかさだけで投げるとの同義で、そりゃ~、スピニング以下の飛距離しか出なくて当然です。

飛距離を出すには、強い弾道を生む必要があり、強い弾道を生むためには初速を上げる必要があり、初速を上げるためにはスイング速度を速めなければいけない。そして、その入力に応えられるブランクスの張りは絶対に必要って事です。

手投げ=ルアーの重みでブランクスを曲げて、その反発で飛ばすという工程を無視して、腕のスイングを早める(竿の反発では無く、肘と手首の反発のみで投げる)とブランクス、特にティップの返りとルアーの飛び出しがシンクロしないので、スプールの回転に変化が生じてバックラッシュするわけです。

ルアーの重みをティップに乗せて、乗せた荷重をティップ→ベリー→バットと荷重移動させてブランクスをしっかり曲げて振り抜くことで、その荷重がバット→ベリー→ティップ→と戻って(反発して)射出されるって事です。

荷重移動を意識せず、ただ単に腕を早く振っても駄目です。


…推敲せずに書き殴ったので読みにくかったらすいません(^^;)

2019/03/10 (Sun) 21:38 | EDIT | REPLY |   

-  

ありがとうございます。
ブレーキセッティングは私も同じですが投げた直後にバックラッシュしてしまいます。それを恐れてふんわりキャストばかりになっていたので、逆に恐れず思い切り振り抜くようにします

2019/03/11 (Mon) 05:57 | EDIT | REPLY |   

-  

モリゾーさんに教えて頂いたことを実践し、今までと逆に強くテイクバックしてから振り抜きバックラッシュを防ぎながら飛距離を伸ばすことが出来るようになりました。ありがとうございました。

しかし後ろにスペースが無くて大きくテイクバック動作が取れない時や、コンパクトな動作で軽めのリグを投げないといけない場所が結構近所にあり、そういう場所ではキャストしにくいですね。
そういう時はスピニングかなあ

2019/03/13 (Wed) 03:24 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

キャストにおけるベイトとスピニングの決定的な違いはリリースポイント。
2時の位置くらいでリリースするスピニングに対し、12時(頭上付近)でリリースするベイトは、それより前の段階でどれだけ竿を曲げられるかが勝負。

なので、バックスペースが取れない場所ではリリースポイントが2時の位置付近までとれるスピニングに分がありますね。でも、コンパクトな動作でキッチリ曲げるスキルを身につけたり、立ち上がりの良いスプールに変えることである程度まではカバー出来ますよ。

スティーズの場合、5g以上やオープンエリアは1012G1スプール、逆に3.5g以下がメインの場所ではKTFのバーサタイルフィネススプールやRAY's STUDIO ベイトフィネス浅溝スプールをチョイスするとより快適です。

2019/03/13 (Wed) 09:54 | EDIT | REPLY |   

-  

ありがとうございます。
KTFフィネススプールは3.5gをあまり使用しないならメリットないですか。昨夜のキャスト練習の時、普段よく使う7g10gもそれで投げてたんですが…。
久しぶりに1012G1スプールも試してみます。

2019/03/13 (Wed) 11:39 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

KTFフィネススプールは3.5g以下をあまり使用しないなら導入メリットないですね。
軽いので7gや10gを扱うには立ち上がりが良すぎるし回転が止まるのも早すぎます。
僕は1012G1とフィールドによって使い分けています。

2019/03/13 (Wed) 23:23 | EDIT | REPLY |   

-  

私も使い分けるようにします。色々教えて頂きありがとうございました。

2019/03/14 (Thu) 10:00 | EDIT | REPLY |   

-  

何度もすいません。過去の記事でモリゾーさんが762MLでサーフで遠投したり、742ML以上の飛距離と書かれてますが、自分には5gから10gシンカーでスピニングに飛距離で叶いません。(1012g1スプールです)

要はテイクバックを止めてフォワードに移る際のロッドの曲げがモリゾーさんに比べて足らないのでしょうが、モリゾーさんはテイクバックはビュッ!と速く後ろに振り上げてますか?それともテイクバックはゆっくり目で大きくですか?

2019/03/18 (Mon) 12:08 | EDIT | REPLY |   

-  

質問が上手く書けなくてすいません。要はスイング速度を早めるというのが、テイクバック時か振り抜く時か、両方なのかという質問です。もりぞーさんのキャスト動画があれば拝見したいのですが見つかりませんでした。聞いてばかりですいません。釣り場で見るベイト使いがみんなふんわりしたキャストなので正しい見本がないので…

2019/03/18 (Mon) 17:59 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

振り抜くときですね。テイクバックの時(というかピックアップの時点から)にティップにルアーの重さを乗せて、キャストモーションに移行です。

https://www.youtube.com/watch?v=b_BiVSIUfJo&t=
↑これは5gで軽く投げてますが、基本こんなオープンエリアでの釣りなので飛距離出ないと話になりません(^^;)

本気のフルキャストの場合は8時半~10時半位の位置の時にフルパワーです。ギュ~ッと腕を畳んだところから上腕のパワーを解放(同時に腰が回転して下半身/背筋のエネルギーもプラス)で、あとは手首を返して押し出してフォロースルーに入る感じでしょうか。

2019/03/18 (Mon) 22:27 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

辺見さんが同じようなことを書いています。参考までにhttp://fishing.shimano.co.jp/product/series/lure-x/column/henmi/11.html

2019/03/18 (Mon) 22:30 | EDIT | REPLY |   

-  

ありがとうございました。動画探せずすいませんでした。

自分はシルベラード762MLとスティーズ1012XGとアーマードフロロ+0.6で5gバレットシンカーとリトルスパイダー3でサーフで投げて糸を張らしてから36巻きなので実質30mも飛んでないです。10gビフテキリグで55巻きです。淀川の皆さんはもっと飛ばしてるのかなあ。もっと練習します。ありがとうございました

2019/03/19 (Tue) 08:15 | EDIT | REPLY |   

-  

もりぞーさん、こんにちは

もりぞーさんはスティーズのAもお持ちでフルカスタムしても170g越えだったという記事がありましたが実際にSVTWと比べて使用感や釣果への影響をどう思われますか?

2019/03/27 (Wed) 09:00 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

SVTWノーマルとAフルカスタムの比較ですね。
①剛性…Aが上。SVTWのようなたわみ感は少ない。
②重量…SVTWのほうが軽いし軽快だが、重いし疲れる!不快だ!買い換えたいとは思わない。
③耐久性…ファイト時にたわまないぶんAが上。
④釣果への影響…無し。どっち使っても同じ。軽さか剛性感か好みの問題。
⑤その他…早いスパンで買い換えていくならAのほうがコスパ良い
Aノーマルでの検討なら重いのでSVTWノーマルを使う方が絶対いいです。


2019/03/27 (Wed) 10:58 | EDIT | REPLY |   

-  

ありがとうございます。
つまりSVTWをカスタムすればベストということですね。

2019/03/27 (Wed) 12:01 | EDIT | REPLY |   

-  

忙しいのにすいません。
もりぞーさんはフックやシンカーを各種使い分けておられますが収納はどうされてますか?
1年ほど前にツイッターにあったコーナンのものを現在もメインにされてますか?写真を見る限り1ケースに着き4種類までしか収納できませんが不便と感じませんか?

2019/04/04 (Thu) 10:27 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

現在も使っていますよ。最近はシンカー用とフック用で分けて使ってます。
あと場所によって使う重さや種類がほぼ決まっているのでAの場所用、Bの場所用と分けて作ってます。
それと、夏向きと冬向きで多用するフックが違ったりするので季節で入れ替えてます。

2019/04/04 (Thu) 18:28 | EDIT | REPLY |   

ジグマン  

シルベラードについて

オリムピック、シルベラードのレビューを探してまして、こちらのサイトにたどり着きました。ブログ拝見しましたが、すごい釣果ですね。
そして、シルベラードを全て知っている方といっても過言ではないですね。。。すごいです。

いきなりですが、ご教示頂けないでしょうか!?
当方、ブリームゲームを専用ロッドで始めたいのですが(メバルロッドのハリがあるのでやってます。)
どの番手か悩んでます。
気になるのは、742MLと742のHSと782のM
底のずる引きゲームを重視しながらトップもやりたくて、釣果も欲しい
であると、742MLでしょうか!?

あと、16セルテート2004ch(フィネッツァに)と18ステラc3000mHG(カラマレッティに)を所有していますが、できればライトブリーム的に始めたいので2000番でいこうと思いますが、やはり2500がいいのですか?
ラインは、PE8編みを使いたいので06号に14ポンドリーダーでストレスなく使いたいです。
よくいくのは小規模河川と港湾です。

最初の一本はやっぱり、742ml なのか それとも、ソリッドで他と差をつけるか
相当悩んでます。メーカーはオリムで決まりなんですけどね。。
また、リールとの相性も踏まえてご教示頂ければ幸いです。

宜しくお願いします。

2019/04/16 (Tue) 12:55 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

ジグマンさん

基本的には使用リグ重量適性に幅がありバーサタイルに使える742MLをオススメしています。
強風・急流に対する耐性、スタック回避性能、ロングレンジでのフッキング性能が高次元で備わっています。(ただし7gシンカー以上しか使わないようならMをオススメします)

根掛かりするような障害物も少ないし、5g以下がメインで7g以上はまず使わない、飛距離もそんな要らない。メバルロッドの延長で…って事ならハードソリッドもアリですね。
メバルロッドのハリのあるのと、シルベラードHSの決定的な違いはベリーのハリです。メバルロッドはいかにハリがあろうと胴に入りますが、シルベラードHSはベリーに掛けしろを設定しているので口腔内に針先を立てることが可能です。

トップゲームに関しては飛距離必須で大きなプラグを投げるなら742MLですが、そんな飛距離要らない+小型プラグメインならHSでもやれます。むしろ、メッキやカマスの小型プラッギングに流用すると最高との評価も(笑)

リールは有効ドラグ設定の高いC3000番を推奨しています(私はC3000HGを使用)
2500のドラグだとロングレンジでフッキングした際に滑ってフッキングが決まらないことが多々ありますから。。。

リーダーは一ヒロ半程とってますが、FGノット等の引っかかりの少ないノットであれば16lbでもストレス無く使えています。(HSも)

参考になれば幸いです!

2019/04/16 (Tue) 23:37 | EDIT | REPLY |   

ジグマン  

ご教示有難うございます!早速!

かなり、イメージが湧く回答ありがとうございました。
やはり、手練れに聞くのが手っ取り早いですね(笑)
ってことで、悩んだ結果・・・


742MLをポチりました。
まずは、スタンダードにしました。
HSも欲しくなる回答でしたけど(笑)

そして、リールはエギングと兼用できる18ステラ3000でやれそうなのも742MLに決めた理由です。
PEもエギングと同じ06で兼用できそうですしね~
リーダーの長さ一ヒロ半なんですね~なるほど、これは目に鱗ですね~了解です!!
だったら、リーダーも12ポンドで行きます。
(エギングでは太い)ガイド抜けでストレスは本当に嫌ですからね~
着弾が待ち遠しいです。
youtube見ました~ベイトかなり面白そうですね~
有難うございました。
今後も要チェックさせて頂きます~ 

2019/04/18 (Thu) 18:20 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

ジグマンさん

参考になったようで良かったです。リーダー長めなのは根ズレ対策が主な理由なのでお好みで!
ベイトは良いですよ。ラインスラック出にくいから強風時でも操作性抜群で快適です。
ツイッターはほぼ毎日つぶやいててむしろブログより濃い内容書くことあるので良かったら覗いてみて下さい。https://twitter.com/morizo57

2019/04/18 (Thu) 20:02 | EDIT | REPLY |   

るな  

ドライブスティックのダートセッティングについて

いつも参考にさせて頂いています。
ドライブスティックにジグヘッドでダートセッティングにするとのことですが、中々調べても出てきません。
差し支えなければ教えていただけると有り難いです。

2020/01/23 (Thu) 23:28 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

るなさん

基本的には腹側を上にしつつボディの半分より上側にシャンクを通す感じでセットします。
気持ち反る感じで。(反りすぎ注意)
ボトムワインドを正確に表現すると、左右へのキビキビダートと言うより、ダートを伴う上昇アクションからのイレギュラーなスライドフォール(からの着底時)で食わせるという感じですね。

2020/01/24 (Fri) 00:52 | EDIT | REPLY |   

るな  

丁寧に教えていただき、ありがとうございます。
こちらの地方ではキビレが居らず、冬のチニングをやる人は殆ど居ませんが頑張ってみます!

2020/01/27 (Mon) 14:49 | EDIT | REPLY |   

Add your comment