淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

夏パターンを求めて

7月も半ばとなり、終焉に向かいつつある市内河川のキビレ。
終わった感のある上・中流域を見切って下流域で数釣りを楽しむのが7月後半からのパターンなんですが、
釣れない=居ないなのか検証すべく今年はもう少し上流域で粘ってみようと思います。

この時期、水温上昇と塩分濃度の低下がネックになっているのは間違いないはずで、
潮位変動抜きで恒常的に流れが効いてる場所  日陰  水量豊富な深場   が狙い目になると予想。

ちゅ~わけで、シャローに隣接するディープエリアに突撃。最干潮時を狙って岸から150m程沖へ出て、
10gシンカーに高比重ワームを組み15g程度のセッティングでフルキャスト。

広範囲に探ると早速答えが。
1G2456.jpg

42cmキビレとギリ40細マチヌがヒット。
1G2452.jpg 2G2461.jpg

そして、次に上がって来たのもマチヌ。
3G2465.jpg

コワモテの48cm
3G2466.jpg 3yG2464.jpg

全て着水点付近のロングレンジでヒット。

50越えてたらともかく、岸に戻るのがメンドクサイしまだまだ釣れそうだったんでその場撮影リリースしたんですが、
この後、バラしまくったあと1枚取って終~~了~~、、

4G2468.jpg

kurodai77でやってたんですが、15gフルキャストでロングレンジは設計の範囲外なんでしょう。
風でラインもたわみまくってるし、ショートバイトも相まってバットパワーが足りずフッキング率は悪かったです。

ファーストバイトを弾かずセカンドバイトを向こう合わせ気味でフッキングが77の真骨頂なので、
追いのないアタリは取りにくくて当たり前なんですがね。次はTiro792MLで挑戦してみます。


一通りチェック入れたので移動。

今度は6月良かったシャローエリアへ。先日はクリアでサッパリでしたが今回は濁り入ってたので再チェック。

反応ありますね……
5G2471.jpg 6G2472.jpg

干上がりまくりの激シャローだったので阿修羅のフローティングで連続。
7G2473.jpg 8G2474.jpg

ちょい深場のカバー周りをテキサスで探るとデカイのが反応しましたが、根ズレでラインブレイク3連発。。
干上がってる時は根ズレしやすいので3号リーダーだと辛いですね…。

9・10
9G2476.jpg 10G2480.jpg

腹立つのでドラグ締めてガチンコ。キロフックもここまで伸びると芸術ですな…。
fG2481.jpg

終~了~。


この釣果だけ見ると大きいのはディープって感じですが、ボコボコに連続ヒットとはならないしどうなんでしょ~。
反応自体少なかったし、届いてないのか?魚が少ないのか?判断しかねますね~。
ちなみにチヌは岸壁にいるような歯の尖った奴じゃなかったので、代々河川絡みの奴らっぽいですね。
これがマチヌパターンなら9月以降も楽しめそうですがどうでしょう。
関連記事

2 Comments

めがね  

いつも別次元の釣果、スゴイッス。

岸から150mも立ちこんでるんですか?
マチヌ、めっちゃ綺麗じゃないですか!
キビレが出ていっても楽しめそうですね♪

2011/07/16 (Sat) 15:08 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

めがねさん

マチヌパターン確立出来れば10月過ぎまで遊べそうですね!

普段は岸際でやってますけど、場所によっては結構沖まで出られる場所もあるんですよ~。
ウェイクボードが来ると波で死ねますけど(T▽T)

2011/07/17 (Sun) 07:07 | EDIT | REPLY |   

Add your comment