淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

8月リザルト

大阪市内河川、8月キビレ釣果は5釣行で62枚。
平均が12.4枚でした。

14G2716.jpg

一般的に『シーズン終盤』と言われている8月。

花火大会前後より急に反応が少なくなり、
多くのキビレは産卵で海に帰っていったと判断したキビレアングラーもほとんどいなくなり市内河川に平穏が戻る季節。


が、実は産卵落ちはもっと後。
誰でも簡単に釣れるシーズンが終わっただけで、キビレ自体は居てるんですわ。これが。
高水温による水質悪化が8月のキーで、これをどう捉えるかですね。


5月からのトータル …… 538枚!


僕の右腕・kurodaiシリーズの生みの親、嶋田さんの年間531枚の記録を超えました。恐るべし淀川のポテンシャル!
関連記事

2 Comments

よっちゃん  

こんばんわ!!

落ちの話・・・勉強になりますわ!!

結局人為的な要素もたかいんですなー。

実際、淀川から減っているのは釣り人ですね(笑)

まあ今年はセイゴ君も結構いたし、淀川の条件が例年より良かった

のかもしれませんね。

2011/09/02 (Fri) 00:03 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

よっちゃんさん

基本、人がいたら竿出さない派なんで釣り人減少は大歓迎です(笑)
haggyさんとこやナカムラ君とこが更新しなくなったら一般的にはシーズン終了でしょう。

6月の状況はホント良かったですね。
1釣行のアベレージ16.8枚って釣れすぎでしょ(笑)

条件はやはり水温と流量でしょうね。 
春先暖かく夏涼しければ最高で、7~8月に大雨頻発すれば最強でしょう。
とにかく、放水量が鍵を握っているのは間違いないです。

2011/09/02 (Fri) 16:39 | EDIT | REPLY |   

Add your comment