淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

ベイトキビレ道 Part1

この時期はシ-ズンオフで釣りに行く事も(多分)ないので、2012年度におけるキビレの事なんぞ書こうと思います。

2011年は5~9月のシーズン中に1釣行あたり平均13.5枚という釣果を叩き出し、
シーズン内におけるパターン変化にもほぼ対応出来るようになりました。

釣り方に関してもエリアを変えたり、プラグで狙ったりと色々チャレンジしましたが、
2012年度は新たにベイトタックルに手を出してみたいと思います。

テキサスリグやジグヘッドリグを使うキビレのボトム釣りは、バス釣りのそれと似通った物があり、
バスをやっている・やっていた人間でベイトタックルに思い入れがある人なら、やってみたいと一度は思うはず。(多分)

バス小僧だった僕も例に漏れず、過去に一度チャレンジした事がありました。
1372681016_175.jpg
その時のタックル 【ダイワ】ジリオン100H / 【メガバス】ヘッジホッグF3st-63X

当時(今も)僕の知る限りチヌゲー専用のベイトロッドなんてものはなく、海用とは言え根魚用のロッドでは硬すぎるため、
それっぽいリールとファーストテーパーのバスロッドをタックルベリーで適当に見繕っていざ実釣。

絶対面白いはず!と思ったんですが、いざやってみると想像してたのとなんか違う。

初代スコーピオンで止まってた自分にとって、最新リールの性能は素晴らしいもので
キャスト時に背後の木に引っかけでもしない限りバックラッシュもなく快適な使用感だったんですが、

問題はロッド。

フロロ単体だったというのにも原因はあるでしょうが、ボトムなのか?バイトなのか?
おぼろげにしか感知出来ず、ストレス全開イライラしっぱなし。

さすがにチヌゲー専用開発スピニング+PEライン同様の快適な運用が出来るとは思ってはいませんでしたが、
あえなくお蔵入りに(-_-)


この失敗から学んだ事は、ベイトタックルであってもキビレのボトム釣りにおいてはロッドが重要!と言う事。
専用ロッドがないため他魚種用ロッドを流用することになりますが、流用においては

バス・根魚 … 吸い込みバイト   チヌ・キビレ … 噛み付きバイト

この違いを考慮して選ばないと痛い目を見ます。 個人的には

1. バイトを弾かず、ボトム感知委能力に長けたティップ  
2. ロングレンジであっても、しっかりフッキング出来る強いバット
3. 飛距離が稼げてファイト面・操作面でも有利な8フィート前後のレングス


この3つを備えたロッドにストレス無くPEラインを使えるリールベイトリールでストレスなく使えるPEラインが必要だと感じましたが、当時そんな物は存在しなかったため、第一回キビレベイト計画は失敗に終わりました(T▽T)


ちなみにプラッギングに関しては巻物系のミディアムテーパーロッドで遊べます。
問題はやはりボトムゲームでの快適性です。

注)PE使用が前提なのは、僕のキビレ釣りが河川のオープンウォーター/ブレイク狙いメインだからです。
飛距離よりもキャスト精度と手返しを求められるエリアではこの限りではありません。

昔はナイロンで全部やってた(っていうかナイロンしかなかった)のに贅沢な話ですわ(-_-)



続きます。
関連記事

2 Comments

ボルトー  

2011年のもりぞーさんの釣果はほんと凄かったですね。
まさに漁師!(笑)

僕もベイトタックルでは・・・と思いました。

が、スピニングでしばらく頑張ってみます。


でも続きが気になる。


今年もよろしくお願いします!

2012/01/11 (Wed) 23:00 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

>ボルトーさん

早速の反応ありがとうございます!今年もよろしくお願いしマス。
マニアックすぎるネタですが、真剣に考察していきますよw

実釣は当分先の話ですが、ロッドも買ったので釣りになってもならなくてもレポします。
駄目ならヤフオクに流すまでですわw

2012/01/12 (Thu) 00:05 | EDIT | REPLY |   

Add your comment