淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

夜の初物

下流も居てますね(*´ー`)ノ

ki2a.jpg

見知らぬ釣り人と並んで竿を振るのがどうも苦手なボッチアングラーなので、リア充アングラーが跋扈する
ハイシーズン中は滅多に近寄らない場所ですが

(あと駐車場代が高いので…)

この時期は滅多に人居ないので、新たに購入した防水コンデジ、TX-10の撮影テストを兼ねて出張ってみました。
まぁ、防水コンデジの夜間撮影に期待するだけ無駄なのは分かっていましたが。。。

こちらはキャノンG10で撮影した同じキビレ。 
Mi_0614.jpg
カメラ性能云々もですが、夜間の魚撮影はフラッシュ調光補正機能の有無が明暗を分けますね。。。


それはそうと、下流もまだまだ反応薄いです。

遡上時期と釣れる時期がイコールなら下流ではボッコボコでないとおかしいはずですが、
そうでもないので、個人的には遡上時期と釣れる時期は別だと思ってます。

この河川(というか放水路)は全体的に浅めなのが特長ですが、
流芯にはそれなりに深いチャンネルが走っており、キビレはそれを伝って遡上し、
爆遠投してるぶっ込みのエサ師が釣果を挙げ出す2月末から3月上旬にかけて汽水域に到達している

……多分。


ルアーで釣れ出すのは例年4月~5月ですが、これは遡上時期ではなく、
河川内の深場にいた群れの一部が水温上昇に伴いルアーの届く浅場にのっこんで来る時期である


……多分。


魚探付きの船でチャンネル打てば3月でも爆れるんじゃないでしょうか? 
誰か試して下さいw
関連記事

4 Comments

よっちゃん  

こんばんわ!!

キチンと釣ってますやん!

ごちゃまぜ状態の淀川。

水温がもうちょい上がらないとキビレは元気にならないんですかね?

今年もキビレ祭りが楽しみですわー。

なんかFIMOで嶋田さんが大会やってるみたいですよー。

2012/04/21 (Sat) 21:15 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

よっちゃんさん

そうですねぇ。20度越えてくると良いと思いますよ!
明日の大雨後は鱸祭りかもですね。

FIMOですかぁ~??山奥に住んでるので山登りはもうお腹いっぱいです(笑)

2012/04/21 (Sat) 22:04 | EDIT | REPLY |   

りょう@淀川鱸  

シーズン到来

こんにちは、りょう@淀川鱸です

釣りは水中の様子をいろいろイメージして仮説を立てて検証して
実証するのが楽しいですね。
透明クリアな水で流芯部の魚が丸見えだったら面白くないでしょうね。
キビレは冬場はどこにいるんでしょうね(笑)

2012/04/22 (Sun) 10:54 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

>りょう@淀川鱸さん

コメントありがとうございます。嬉しいです。

まさに、仰るとおりだと思います。
キビレにせよ鱸にせよ、誰でも簡単に釣れてしまう魚ですが、
シーズン通じて安定してキチンと釣ろうと思えば、
場所の特長と当該魚のライフサイクルを把握しなければ難しいと思います。

そのプロセスを自然と向き合い、自分で探して魚と巡り会うのが楽しいのか
人と向き合い、人との関わり合いの中で先達から教えて貰って巡り会うのが楽しいのか
どちらも楽しい釣りですが、どちらにより重きを置くか?考え方は様々だと思いますね~。

冬場のキビレ…少なくとも紀淡海峡やウナギ宜しくマリアナ海溝ではないでしょう(笑)

2012/04/23 (Mon) 13:31 | EDIT | REPLY |   

Add your comment