淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

ベイトキビレ 実釣編

今シーズン真面目に?取り組んでるベイトキビレ。
ある程度釣ったので現状で感じてる事を書いておこうと思います。

kibirebf.jpg

今年流行するかも知れない?ベイトキビレですが、
ぶっちゃけキビレ釣りでベイトでないと…っていう状況は存在しません。キッパリ。

ですが…悔しい事に… 実際、カッ! っときて、ゴチィ~~ン!! っと、キビレを掛けるとテンション上がります。
ダイレクト感のあるやり取りに、バス小僧だった少年時代の記憶がよみがえりますね(笑)

【リール】
当初、メタニウムMg+ZPIキット と ジリオンPE+ロングキャストスプール の2機種を使用してましたが、両方ともローギアなので、強風がデフォなホーム河川のデイでは糸フケ取るのに常にリーリング状態でかったるいです(-_-)
巻きの釣りをしないのであれば、ハイギアリールがオススメです。

遠心・マグ、どちらかと言えば使いやすかったのはマグ。
逆風・横風、刻々と変化する風速に対し、安定して投げ続けるには調整が容易なシステムが一番ですね。
2012シーズンは最終的にハイギアのレボLTXに落ち着きました。
※追記 5g以下を投げないのであればスプールの立ち上がりが早いベイトフィネスリールは避けた方が良いです。
http://dbof.blog65.fc2.com/blog-entry-296.html

【ロッド】

港湾部や足場の高いエリアは別として、ある程度の飛距離を必要とするエリアの場合、
長さだけで言えば7フィート半ばくらいが理想。 
6フィート前半は論外ですが、7フィート前後であれば充分釣りになります。

ヴィゴーレGVIC-69ML/BF ですが、
PE0.8号+フロロリーダー3号との組み合わせで、ボトム・キビレバイトも明確に分かるし、
7gシンカーを操作しててもティップがお辞儀しないので根掛かり回避もしやすいです。
パッツンパッツンのファーストテーパーなのでファイト中はもう少し曲がってくれた方が良いですね。

7gというと、"フィネス"の範疇からは外れている気もしますが、そもそも軽量リグが使いたいわけではなく、
キビレバイトを弾かないロッドがベイトフィネスロッドだったという話なので(笑)

飛距離に関してですが、スピニングに比べ風速や風向と言った気象条件に影響されやすく
軽量リグでも扱いやすいとか飛ぶってのは「バスのボートポジションで」「既存のベイトタックルと比較して」だと言うのを
頭に入れておかないと駄目だと思います。

シーズンが進めば釣れるエリアの選択も広がるのでなんとも言えませんが、現時点の総評としては
ヒットポイントが中・近距離のエリア 5~7gシンカーで探れる場所 ならスピニングと遜色なく遊べると思います。

ベイトキビレ…万人向けではないですが、スピニングで釣り飽きたようなキビレマニアにオススメです。
関連記事

0 Comments

Add your comment