淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

10月リザルト

29日に木枯らしが吹くまで、急激な変動もなく概ね穏やかに推移した今年の10月。

市内河川汽水域の10月キビレ釣果は、4釣行で31枚。
去年の10月は4釣行で10枚だったことを思うと、平均7.75枚はかなり上出来。

とはいえ、夏場に比べ流れがゆるく透明度も高いのでデイゲームでは不利か。
01237.jpg


さすがにハイシーズンのような爆発力はありませんが、
底を知り、流れを読めば気持ちのいい答えが返ってきますね~~。

201177.jpg

12日の釣行では中流域にて産卵前個体と産卵後個体の同時捕獲に成功。

大阪界隈のキビレアングラーの間では「産卵を意識したキビレは一斉に降海する」と言われてますが、
台風直撃による大増水や、渇水による極端な水質悪化など大きなアクシデントがない場合、
一斉ではなく、抱卵状況によって個々に落ちていくようですね。

2h01178.jpg 10__01196.jpg


こっちは高活性ですねw
s01228.jpg


今年はいつまで釣れるやら?
2a01243.jpg

384枚
関連記事

2 Comments

よっちゃん  

こんばんは!

キビレまだいてるんですね。

鱸は、そーっと浸かってると、すぐ近くでボイルするのでナイトゲーム
は、心臓に悪い状態になっとります。しかもそいつらはルアー食わんという高活性です・・。

キビレは鱸も落ちだすと多分釣れなくなるような気がします。

一番生命感がなくなる時期ですね。

それまでに、バンバンに膨らんだ鱸、ゲットしときます!

2012/11/14 (Wed) 00:16 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

よっちゃんさん

鱸は好調ですか??でっかい奴の捕食音は興奮しますね~。

市内河川キビレ、徐々に判ってきました…。


2012/11/14 (Wed) 22:33 | EDIT | REPLY |   

Add your comment