淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

ヌーボビゴーレGNVIS-742ML-PE

オリムピックのバスロッド『ビゴーレ』が全てを一新しフルモデルチェンジ!

nvig.jpg
OLYMPIC Nuovo-VIGORE GNVIS-742ML-PE


フィッシングショーで触ってすぐにティーロプロトタイプと共に予約入れること2ヶ月。
ようやく手にすることが出来ました。

僕が買ったのは、ヌーボビゴーレ12機種の中で最長レングスのGNVIS-742ML-PE

PEラインで大遠投。遥か遠くのブレイクラインでバイト感知。
ハイギアリールで即座にラインスラックを回収し、ランカー対応の太軸フックを確実に貫通させるべく
フルパワーでフッキング。

そんなイメージでしょうか。

vg_6078.jpg

チヌゲーでこれを使うシチュエーションは強風下のロングレンジ。
普通のチヌゲーロッドでは風に煽られティップがお辞儀して釣りにならないような状況下で
ハリのあるティップと7フィート4インチというチヌゲー的には長くもなく短くもなくの絶妙なレングス設定が良い仕事してくれます。

7vig_0896.jpg

メーカーのロッド紹介には 

「中弾性カーボンをメインに使用」「細身肉厚な設計」「抜群のパワーと粘り」

などと言うフレーズが並ぶので、感度面はサッパリかと心配してましたが全く心配には及びません。

ファイトに関してはフレーズ通り「抜群のパワーと粘り」を見せてくれます。
特に、極力ドラグを出したくない状況下では無類の強さを発揮。

実際使ってみるとわかりますが、ネットの評価と真逆でオリムの竿はどれも強靱
(海外ブランクス採用の廉価品は知りませんけど)ですが、その中においてもこのヌーボヴィゴーレは
「強引な」というシチュエーションに対し、とても良い仕事をしてくれると感じました。

高弾性であればあるほど良いロッドという風潮がある中、あえて中弾性という選択。有りだと思います。


ところで、、、ビゴーレ?ヴィゴーレ? どっちなんでしょう?
関連記事

4 Comments

ボルトー  

ヌーボビゴーレGNVIS-742ML-PE
良いロッドなんですね!

ヴィゴーレGVIS-742ML-PEが気になったけど通常の状況下ではティップに張りがあり過ぎるかなー?って思ってました。

某河川でよくある強風時でのロングレンジなら良さそうですね!

2013/04/26 (Fri) 06:26 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

ボルトーさん

もちろん通常時も使えますよ!

個人的に硬いロッドの上限はスミスのダンシングブリーム剛を基準にしてます。
曲げてみて「ちょっと張りがありすぎるかな?悩むな~」くらいの奴が実釣ではちょうどいいですよ!

ボンボンに代表される底ズル系は巻き続けるのが基本のため常にラインにテンションがかかっているので硬いと弾きますが、テンション掛けない釣りの場合、張りがあってもそうそう弾きません。特に強風時はラインがたわんだ状態でバイトを拾うので少々張りのあるロッドでも弾きません。むしろ、たわんだ状態からフッキングするには張りのあるロッドの方が良いですね。

リーリングで釣るのかロッド操作で釣るのかでタックルは変わってきますよね~。 

2013/04/26 (Fri) 23:38 | EDIT | REPLY |   

淀川・キビレ・ラボラトリー  

ティーロプロトタイプ発売されるんですか!
検索してもまったく情報が出てこないので
発売されるとは思いませんでした。
これは欲しいですね。。。

2013/05/07 (Tue) 17:10 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

淀川・キビレ・ラボラトリーさん

紙のカタログには載ってますしね。
予約入れたところ、どうも夏頃になるようです。シーズン終わるがな。 

カレイドがモデルチェンジしましたし、
売れ筋とは言えない自社製品は後回しなんじゃないでしょうか??
ほんと発売が待ち遠しいです。

2013/05/08 (Wed) 00:58 | EDIT | REPLY |   

Add your comment