淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

ティーロプロトタイプ 772M

ティーロプロトタイプ GOTPS-772M-T

tp-m1581.jpg

2月のフィッシングショー帰りに即予約してから待ちに待って忘れかけた頃にようやく届いた1本。
(792MLはまだ届きません(-_-))

762Lがライトで792MLがオールラウンダーだとするなら772Mはパワータイプ。

792ML比で全長を0.5mm短くして全体的に太くするとパワーアップと言うよりもに硬い竿になってしまいますが
トップ1.2mm→1.3mm バット10.3mm→10.2mm とそれぞれ±0.1mm増減することで『ショアライトキャスティング』
というカテゴリの範疇でオーバーパワーにならないように上手くバランスを取っていると感じます。

s1699.jpg

ことチヌゲーに関しては、トップ側を張ることでティップが振れてアタリが判りにくくなるような強風下や、
遠投先で得たバイトに対するフッキングのパワーロスを限りなく小さく出来るというメリットが生まれます。

僕が一番772Mをチョイスする場面は重いリグを使わざるを得ない激流エリア。

792MLで快適に扱える上限は10gシンカー+4gワームの14g程度。
それを超えるリグを激流エリアで流す際は張りの強い772Mが有利です。

反面、巻き続ける釣りに使うとバイトを弾きやすく、魚との距離が近くなればなるほどその傾向が強くなるので、
状況によって762Lや792MLと使い分けるのが吉でしょう。

国産4軸+Kガイドになった今風ダンシングブリーム剛と言えばイメージしやすいかも。
既存の2機種では対応しずらかった状況に対応出来るロッドが追加されたことは◎ですね。

関連記事

2 Comments

よっちゃん  

毎度です!
新武器ゲットですね。
新しい武器で、攻め手を増やして、得意の釣りを研ぎ澄ませて下さい!

それにしてもティーロ、ゴージャスになりましたね!

2013/10/09 (Wed) 23:47 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

毎度です!

使えるかどうかとりあえず使ってみます~。
オレンジ色が抑えられて高級感が増したただけでなく値段も高級ですね(汗

2013/10/15 (Tue) 23:02 | EDIT | REPLY |   

Add your comment