淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

水温低下

前線通過による急激な気温低下により終盤戦の模様を呈しだした日本海リバー淡水域。

102367.jpg


16度前後だった水温がたったの1日で11度まで一気に低下。
これは無理だろ~~と言う事で、下げ止まって落ち着くまで2日様子見してから釣行。

2,3週間前なら最高の流れと濁りでしたが、アップの流しでは全く反応無し。
それでも居ないわけではなく、ダウンでゆっくり見せてピンポイントに入れて行くとカツッ!っとバイト。
102365.jpg


餌を食べたいけど、寒くて追えないのか、非常にビミョ~な感じ。

202370.jpg

苦戦しつつ小型2本。 もう駄目だぁ~~

この増水で居れば落ちてくると思ったんですが、基本的に鮎の産卵は15~18度くらいだそうで、
やはり上流には居ないようですね。


上流域の終盤は増水効果よりも水温低下の悪影響が勝つようです(´・ω・`)
関連記事

0 Comments

Add your comment