淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

ナマズ先生

違う!鮎はそんな動き方をしない! 

そんなトレースラインじゃ鱸は口を使ってくれないぞ!

n102294.jpg

時に厳しく、時に優しく川の釣りを教えてくれる僕の川鱸の先生、ナマズ。

n202295.jpg

目の前流せばミスバイトしても果敢に再アタックしてくるフィッシュイーターですが、
意外とセレクティブな一面もあり、1発で深いバイトを得るには流すトレースライン、ラインメンディング、
ルアーの波動、レンジ それらを考慮して丁寧にドリフトさせなければいけません。

なにかが少しでもズレるとショートバイトに繋がったりミスバイトに繋がったり。
やたら攻撃的なのでそれを追わせて喰わせるのは簡単ですが、追わせず1発で喰わせられるようになった頃から
鱸の釣果も上向きだしました。

アストレイアをガップリ咥えた70cm近いランカーナマズ先生。
n302303.jpg

今まで鱸100%の場所で初ナマズ。減水で浅くなってるんでしょうね~。

本命も2匹釣りましたが、微妙なサイズでした(´・ω・`)
102297.jpg

202299.jpg
関連記事

2 Comments

よっちゃん  

毎度です(^^)
鱸にはまってしまいましたね\(^-^)/
生粋のシーバスマンは秋の為にすべてを注いでメーターオーバー狙ってますよん

おいらは久々にロックショアから淀の鱸にいったら、なぜかキビレとマチヌの猛攻に会いました(笑)しかもえーサイズ。
手軽な淀にまた行ってみます(^^)

2013/11/19 (Tue) 20:45 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

よっちゃんさん

鱸もいいですが、デカナマズもこれはこれでナカナカ(笑)

技術の伴わないサイズ狙いは…なので
僕はボーズのない、いつ行っても必ず釣る釣りを意識してますよ~

僕もそろそろ日本海側から太平洋側に戻ってこようと思います!

2013/11/20 (Wed) 00:32 | EDIT | REPLY |   

Add your comment