淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

ティーロプロトタイプ  3機種

グラファイトリーダー ショアライトキャスティングロッド ティーロプロトタイプ 762L 792ML 772M  3機種 

tp-m1581.jpg
OLYMPIC Tiro Prototype 

ショアライトキャスティング というカテゴリーに属するオールラウンダーロッドで、
公式に専用を謳っている訳ではないのですが、3機種ともにチヌゲーロッドとしてとても優秀。

762Lがライトで792MLがオールラウンダーだとするなら772Mはパワータイプ。

762L  バットMLのティップLな ML-L
gotps-762l-t.jpg
シリーズ中一番ライトな他2機種に比べ短く、ベリーも柔らかいのでプラグが非常に扱いやすい。
特に792MLだと少々ウェイト不足な感じがする最近流行のザブラポッパータイニーやフェイキードッグCB等の
スモールプラグに◎。アクションさせやすく飛距離も稼げる。
ボトムではズル引きメインの釣り、5g以下の軽量リグや細軸フックを使う釣り、ショートレンジの釣りに◎。
無印762Lはベナンベナンでしたが、プロト762Lはベリーの張りが増しており、柔らかい中にもシャキッとした感触。

15070039.jpg s070240.jpg

792ML バットMのティップMLな M-ML
gotps-792ml-t.jpg
オールラウンダー。3g~14gとかなり幅広く使えます。特に7gや10gをメインに使う釣りなら792ML!
淀川や吉野川等の大河川や、干潟・砂浜等の大場所に◎で、そのなかでも特に根の荒い場所で真価を発揮。
フックはあまり細いとパワー負けして伸びるので#2程度のそこそこ太軸なのと相性が良い。
プラグはザブラポッパーやフェイキードッグDS等、標準的なトップや14g程度のメタルバイブも気持ちよく扱える。
無印792MLに比べ、ベリーの張りが増しており、強風に対する耐性がUPしたのが最大のメリット。

6070515.jpg

772M  バットMのティップMな M-M  
gotps-772m-t.jpg
爆風&激流スペシャル。792MLで快適に扱える上限は10gシンカー+4gワームの14g程度。
それを超えるリグを激流エリアで流す際は張りの強い772Mが有利。20g超のメタルバイブもイケる。
792MLでもティップが振れてアタリが判りにくくなるような爆風でも釣りがしたいなら772Mが◎。

国産4軸+Kガイドになった今風ダンシングブリーム剛と言えばイメージしやすいかも。

m0589.jpg
70オーバーのマゴチも楽勝。792ML

リールはステラ&ヴァンキッシュの2500HGSを使用。 
s1699.jpg G_2901.jpg

僕はロッド捌き&ラインメンディングの釣りが主体でリトリーブの釣りはほとんどやらないのでハイギアが好み。
素早いスラッグ回収が必須な風の強いデイゲームでもハイギアが有利ですね。 

高剛性なロッドだけに高剛性なシマノの2500番台がベストマッチでしょう。
G_2869.jpg

ナイトゲームや762LのトップゲームだったらC2500HGSでも良いですね。

640m070514.jpg


無印(ノーマル)ティーロとの比較  Tiro792ML

無印に対して4軸カーボン+フルチタンガイドで軽量でパワーがあって先径が細くシャープなのがプロトタイプ。
では、無印はプロトに比べて重くてパワーが無くて太くてダルイのかと言われるとそんなことはなく、
パワーも感度も軽さも十二分にハイレベルな仕上がりです。

15k797.jpg

プロト792MLが先径1.2mm 元径10.3mm なのに比べ、無印792MLは先径1.4mm 元径11.6mm と若干太め。
この先径0.2mm 元径1.3mm の差が「パリッとシャープなプロト」 「クセ無く扱いやすい無印」といった感じになってます。 

スペックに出てこない違いとしては、ベリーセクションのハリ。無印に比べてプロトはベリーにハリを持たせたことで
先径0.2mm 元径1.3mm のスリム化との相乗効果で、風に対する耐性が飛躍的に向上してます。

つまり、無印だとティップがお辞儀してバイトが取りにくい風速でもプロトなら釣りが出来るんです。

これがプロト最大のメリットでしょう。 

それに加えてベリーにハリがあると掛けやすい=フッキングが決まりやすいってのもあります。
無印よりも小さいモーションで掛ける意識を持つと◎です。

オープンウォーターの釣りでは、重いリグを扱えて、
遠くで口を使った魚にしっかりフッキング出来る792MLや772Mのような竿でないと勝負になりません。
f694.jpg

ノリ重視の柔らかい竿は遠距離や重いリグ、太いフックが使えないのは勿論、強風が吹いたら駄目。流れが強いと駄目。
底が荒いと駄目。大きい魚がヒットしたら運任せ。非常に制限が多い。

強い竿はアングラーの技量次第で近距離やライトリグも扱えるし、ネット忘れてもぶっこ抜ける。
風が吹こうと吹くまいと、シーバスだろうと巨ボラだろうと渡り合える汎用性を持ち合わせています。


繊細さと強さ、相反する条件を高次元で両立しているのは メイドインジャパン 故でしょう。
有名テスターどうのと宣伝しても、外注の海外製ではなかなかそうはいきませんよね。

ティーロ & ティーロプロトタイプ 間違いないですよ。
関連記事

8 Comments

竿折り師みやたん  

よだれが垂れる&納期が待ち遠しくて禿げ散らかしそうになる記事ありがとうございます(/o\)
もりぞーさんまさか3種類持ってるんですか(゜ロ゜;

今度ぼくの竿にひらがなでちーろって書いてすり替えたいと思います♪

2014/07/14 (Mon) 16:27 | EDIT | REPLY |   

朔  

このインプレ力どこで鍛えられたんですか〜?FIMOのアドバンスの方々も見習って頂きたいインプレ力ですね。ゴイスーなっしー\(^o^)/ ps.今日は電車でそちらまで行く事にしたので偵察は御預けです。(笑)

2014/07/14 (Mon) 17:38 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

みやたんさん

3機種×観賞用と実釣用と貸出用の3セット=9本持ってるに決まってますやんw
無印使ってた頃から「あ~これの4軸でないかな…でないよな…」って何年待ったことかw

みやたんさんのも早く納品されるといいですね~!

2014/07/16 (Wed) 23:21 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

朔くん

好きな物を自分で買って、頼まれもしないのに適当にインプレ書く。なんて幸せか。

どこで鍛えたって? もりぞーさんは国際A級ライダーっすよ?
レースは一人じゃ出来ないって言うけど実際その通りで、沢山の人やショップやメーカーから、陰に日向にとサポートして貰ってはじめて全力で走ることが出来るんよね。
提供された車両に、タイヤに、オイルに、文字通り命を預けてたし提供してくれた人達の想いも乗せた上で、コレが俺だ!俺の走りだぁ~って自己表現してた(させて貰ってた)。
そりゃ~いくら文字下手でもインプレの一つも出来るようになるよ~。


FIMOのアドバンスの方々もピンキリだけどさぁ~
俺凄いって言いたいだけ(物貰ってる俺凄いでしょ 魚釣りが上手い俺凄いでしょ) じゃぁ~ねぇ。 
物を貰うこと自体をステータスとしたら終わりだね~。

それに、単純にサポートされたモノでサイズ/数釣りゃいいってんなら誰でも出来るよね。
サポートされた物について良く書くことも然り。

物貰いました凄い良い物です沢山大きい魚が釣れました おわり 
そんなもん3流の仕事ですわ。

貰った物で何をするか、自分の立ち位置から何を発信するか、よくよく理解した上で、自分の釣りスタイルはこうだ!って自己表現出来るようになってね。

頑張れよ~未来のエグゼクティブ!(笑)

2014/07/17 (Thu) 00:04 | EDIT | REPLY |   

chom  

もりぞーさんの記事見てると自分の感じ方や表現方法のなさを痛感させられます。
やはりこれも経験なんですかね(((^_^;

ここ何年もトップのみでチヌと戦ってきましたが、デイ、潮のタイミング、時期など制約がどうしても多い釣りなので自分の自由な時間との兼ね合いを考えると限界を感じてきました。

周年、デイ・ナイトに関わらず楽しめるテキサスでの釣りにチャレンジすることでチヌと遊べる幅が広がる気がしてきました。

1から勉強したいのですが、基本はバス釣りのテキサスを真似るような感じでいいのでしょうか?

2014/07/17 (Thu) 12:27 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

chomさん

テキサスですね~。

テキサスのメリットは  
・シンカーとフックが別体(ナチュラルアクション 食い込み抜群 フック交換が容易)
・オフセットフックが使える(ラバー系に比べ圧倒的に根掛かりが少ない、ゴミを拾いにくい)
・使えるワーム、フックが豊富(ホッグ系・ストレート系…バス用なので多種多様フックも選び放題)
・ローコスト(本体+トレーラーワームなラバー系に比べて)

宮崎でもメジャクラ広瀬さんがデイの取材でテキサス使って釣ってますからイケルと思いますよ~。

2014/07/19 (Sat) 13:58 | EDIT | REPLY |   

chom  

いつも企業秘密な部分まで細かく教えていただきありがとうございます。

未知の世界なので不安だらけですが、もりぞーさんの様子を見てると地域性の強い魚と戦ってるとは思えない対応力を持った釣りなので楽しみです。
釣れたら報告させていただきます(*^^*)

2014/07/19 (Sat) 15:23 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

chomさん

僕の試した限りでは関西・四国・沖縄で問題なく釣れてます。
瀬戸内では朔くんが釣りまくってくれてますね(丁寧に教えすぎ&見せすぎましたw)

また判らないことがあれば質問してくださいね~。

2014/07/19 (Sat) 19:10 | EDIT | REPLY |   

Add your comment