淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

紫外線と疲労の関係

今年も暑い夏がやってきました! 
夏の釣りと言えば、夜風を感じるナイトゲームも良いですが…
やっぱり醍醐味はサンサンと照りつける太陽を浴びながらのデイゲーム!

そこでデイゲームマニアな私、もりぞーがデイゲームの紫外線対策について語ってみようと思います。

具体的な釣り方やルアー、ポイントを晒さず、為になる情報をさっぱり書かないただの釣果自慢ブログなDBO☆エフスタイルですが、たまには役に立つ情報を発信です。


日焼けすると疲れる
何もしていないのに日焼けをすると疲れてしまうことはないですか? 原因は表皮を作る細胞にあります。

人間の表皮は3つの細胞から構成されています。

・表皮の大部分を構成する表皮細胞(ケラチノサイト)
・シミをつくる色素細胞(メラノサイト)
・皮膚の免疫を司る細胞(ランゲルハンス細胞)

その中でもランゲルハンス細胞は外部から皮膚に侵入してくる異物を最初に確認する役割を果たします。
異物が入ってきたら、すかさずその情報を感知しリンパ節にその情報を伝達。
するとリンパ球は情報を受けて異物を体外に排除しようと免疫システムを働かせるのです。

しかし、紫外線を浴びるとその箇所のランゲルハンス細胞が減少し、異物が入ってきても感知出来ず全身の免疫システムへの情報伝達が滞り、免疫力が低下してしまうことに。

体全体の免疫機能が低下すると、だるい・しんどいといった疲労だけでなく、
風邪や食中毒等、他の病気になる危険性をはらんでいます。

日焼け=肌のトラブルと思われがちですが、そうではありません。デイゲームにおいて紫外線は死害線であると意識して過度なダメージは受けないように気をつけなければ駄目です。


服装は長袖長ズボンで白以外の物を選び、UV加工のある手袋や帽子もかぶりましょう。
熱中症を防ぐ観点からも通気性の良いものを選ぶのが大切です。

◆ラッシュガードを着る◆
ラッシュガードは一般的に日焼けやスリ傷防止を目的としてマリンスポーツで着用される伸縮性があるソフト素材のウェアの事ですが、バイクや自転車、野球や陸上などのスポーツウェア(インナー)と同じです。

釣りの場合、コンプレッション機能が必須かと言われれば?ですが、
立ちっぱなしで足がむくんで辛い人なんかはスキンズ等のコンプレッション系をオススメします。
僕はレーシングスーツのインナーに着ているスキンズを釣りでも使ってます。
逆に圧迫感がないほうが良い人は、非コンプレッション系が良いんじゃないでしょうか。

釣り具メーカーからも各種出ていますが、もっと安価で手に入れたい人は
アンダーアーマーやスポーツデポ等の用品系ブランドを中心に探すと吉です。

◆グローブを着用する◆
夏場の話ですので、着けていて暑くなく、濡れてもすぐ乾くものが◎
色々試しましたが、フリーノット  BOWBUWNストレッチフィンガーレスグローブ これ、超おすすめです。
普通のグローブは第二関節までのが多いですがこいつは第一関節までカバーしてくれる上、蒸れずすぐ乾くし着用時の違和感もないので最高ですよ。

◆日焼け止めクリームを塗る◆
服や帽子、手袋などでカバー出来ない部分には日焼け止めクリームを必ず塗りましょう。

日焼け止めクリームには、UV―Bのブロック度をあらわすSPFと、UV―Aのブロック度をあらわすPAがあります。
 最近のクリームには、紫外線吸収剤(紫外線を吸収して、肌に届かないようにする)と紫外線反射剤(紫外線を反射し、肌に届かないようにする)の両者が含まれています。紫外線吸収剤は、まれに光アレルギーをおこす可能性がありますので、アトピーなど肌の弱い方や子供には、「紫外線吸収剤無配合」と表示された製品が無難。
 また、塗るときには、十分な量を使い、2~3時間おきに塗りなおすことが必要です。

中には汗をかくと白くなってしまう製品もあるので注意。特に安物。
僕は資生堂のアネッサの金色のを愛用。SPF50+ PA++++ で紫外線をブロック。
スッと肌になじむし、汗・水に強いし、白くならないし、石けんでも落ちるので文句なしです。


首は、日焼け止めだけでなくネックガードやタオルでカバーしましょう。
首の後ろが日を浴びて熱を持つとかなり疲労します。


目からも日焼けする
紫外線に対する皮膚の主な防御反応は、メラニンの形成です。
皮膚に紫外線を照射すると、照射された部位の皮膚が黒くなります。

近年の動物を使った研究によると、目に紫外線を当てることでも全身の皮膚が黒くなるということがわかってきました。
紫外線が目に当たると目の表層に炎症が起き、その刺激が脳に伝わります。
ここから分泌される、メラニンを増やす作用のあるホルモンが全身に行き渡って、皮膚でメラニンが作られることから皮膚が黒くなる、つまり日焼けするのです。
したがって、目にも紫外線予防が必要であり、皮膚の対処だけでは日焼けを防げないということになります。


◆UVカットの偏光サングラスは必須◆
釣りにおいて偏光サングラスは水中の様子を見やすくするための眼鏡というイメージですが、
疲労対策=目の紫外線予防としても必須のツールと言えるでしょう。

紫外線予防という観点で言えば青木大介プロの装着しているサイトマスターのように、
レンズが大きく、目全体を覆うものが望ましいです。

逆に、レンズと顔の間に出来る隙間が大きいタイプはサングラスを掛けることで開き気味になっている瞳孔に対し紫外線を浴びせることになるのであまり好ましくないのでは?と個人的には思います。

◆帽子を被る◆
頭頂部をカバー出来ないのでサンバイザーはNG。通気性の良いものを。

太陽の紫外線を100%としたときの目の紫外線吸収量は
サングラス帽子無し…70%
帽子のみ…50%
UVサングラスのみ…20%
UVサングラス&帽子着用…10%
室内…5% 
と言われています。


紫外線による疲労には、ビタミンB1などのビタミンB群が効果的。

食生活を見直すのは勿論ですが、サプリメントを活用するのも◎。

ドリンクは熱中症の話で詳しく書くとして、紫外線の観点から見てビタミン入りのものが好ましい。
僕はグリコのCCDドリンクを愛飲してますが、それに加えてアミノバイタル等のスティック系の顆粒を釣行中に飲み、就寝前にグリコ エキストラ・ビタミン&ミネラル や グリコ エキストラ・アミノ・アシッド を摂取してます。

今回、疲労の観点から紫外線対策を書いたので、活性酸素の話は端折りましたが、活性酸素の除去にはビタミンC等が効果的ですのでビタミンBと合わせて取ると吉。
(紫外線を浴びると、皮膚や目の老化につながる酸化力の非常に強い活性酸素が大量に発生し、白内障や皮膚がんを引き起こす要因になるため、注意が必要)

…晴れた日にする布団干しや衣類の虫干し。あれの一番の目的は殺菌。
つまり、太陽の強い紫外線を浴びさせて雑菌に活性酸素を大量発生させてその毒性で死んでもらう訳です。

ed_1323.jpg
四季の釣り 淀川デイキビレゲームでの1コマ  さすがプロの皆さんの紫外線対策は万全です。
素人が一名混じってますが(笑)

まぁ、メディアプロの場合、状況によっては映像映え・写真映えを意識しての服装となることもあるので
(Tシャツ一枚のが画的には涼しそうですよね。ライト層に主張したければライジャケスタイルよりもTシャツ短パンサンダルが◎的な)あまり鵜呑みにせず、我々一般アングラーはキッチリ対策したいものです。

たかだか釣りで大げさな…と思うかも知れませんが、疲れると転倒や落水のリスクだけでなく、
もっと現実的な交通事故や、仕事中の事故にも繋がりかねないので侮っては危険です。

僕はちょっとした事で死にかねないレースをしていた関係上、この手のことはかなり徹底するくせがあるので
釣りにおいても万全の体制で臨んでいます。

ちょっとしたマイナスの積み重ねが事故に繋がるのと同様に、
ちょっとしたプラスの積み重ねが快適なデイゲームライフに繋がります。

特に35度を超える猛暑日の午後はナメてると本当に危険です。
気合いと根性ではなく、紫外線と熱中症予防の正しい知識と装備を身につけて楽しみましょう!

次は熱中症対策について書きたいと思います~。
関連記事

6 Comments

chom  

確かに日焼けした後の疲労は半端ない気がします(>_<)

うちも妻が紫外線に対してすごい神経質なのですが、男なんだから焼けてナンボでしょと甘く見てました。
もりぞーさんがそのあたりをしっかりされてることに驚きでしたが、やはり自分も見習って対策はしようと思いました。

勉強になります。

2014/07/30 (Wed) 12:41 | EDIT | REPLY |   

朔  

これは為になりますね\(^o^)/ ナイトでは味わえない魅力がデイにはありますから、この手の対策は十分におこなって快適なデイゲームライフを送りたいですね。これで転ける事はなくなるはす(笑)

2014/07/30 (Wed) 14:01 | EDIT | REPLY |   

TOP BATTLER Jr.  

先日、Tシャツを着て軽~い気持ちで猪名川へ行ってしまい
エライ目に合ってしまいました^_^; 反省です。

2014/07/30 (Wed) 16:34 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

chomさん
嫁の目を盗んで釣行している都合上、あまり日焼けすると怪しまれるんですよね(汗)
偽装工作と疲労予防を兼ねた紫外線対策です~。



朔くん
朔くんくらいの釣行頻度になると絶対対策した方が良いと思うよ~。



TOP BATTLER Jr.さん
オイカワフィッシング楽しそうですね~。足下は涼しげですが日陰がないので上半身は激暑ですねw


2014/07/30 (Wed) 18:37 | EDIT | REPLY |   

chom  

もりぞーさんとこも厳しい奥様をお持ちなんですね(((^_^;)

またまたテキサスの話なんですが、デイでやる上で気を付ける点はありますでしょうか?
ストラクチャーなどから離れない、浅瀬に上がってこない分、ピンポイントで撃ち込む技術が必要ですかね?
あと、アピールをしっかりする為にワームサイズを上げたり、アクションを派手にやることも有効でしょうか?

2014/07/31 (Thu) 15:18 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

chomさん

デイに限った話ではないですけれど、上げでも下げでも良いので潮が動いて流れてるタイミングで狙うのが一番ですね。

魚が居るエリアで明確に動いており、確実に底取り出来ていれば、必ずバイトは出ます。バイトが出ると言うことはエリアとタイミングは合っているので、次にそのバイトをより深いバイトにするにはどうすればいいかを考えると良いと思います。

まずは難しいことは考えず、活性の高い魚を求めて広く探ってズル引きだったりストップ&ゴーだったり、リフト&フォールだったりでバイトを取ることからやってみてください。

2014/07/31 (Thu) 19:07 | EDIT | REPLY |   

Add your comment