淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

テキラバとジカラバ

シーズンオフなので、リグの話でも書きたいと思います。
G_0284.jpg

僕のメインリグと言うか代名詞でもあるテキサスリグ。そして昨年、大阪キビレ界隈でブレイクしたジカリグ(直リグ)ですが、ワーム単体で使うだけなくラバーをMIXする事で攻め方に幅が生まれます。

テキサス×ラバー テキラバ
G_0288.jpg

テキサスの回避性能とラバーのアピール&スローフォールをMIXしたい状況に最適。
リグり方はシンカーとワームの間にラバーを咬ます方法とラバーを直にフックへ咬ます方法の2パターン。前者の場合使用フックを選びませんが、後者はリューギ(RYUGI)LTオフセット等、ロングシャンクなフックが良いです。(※下記↓ジカラバフックの項を参照して下さい) 飛距離は単体より落ちるものの、シンカーウエイトが同じならワーム単体よりフォールが遅くなるのが特徴。


ジカリグ×ラバー ジカラバ
G_0265.jpg

元々はウィードカバーを突き破って真っすぐ落とす事を目的としたバス用リグですが、シンカー先行で飛んでいくため飛距離が必要な状況に於いても重宝します。また、岸沿いのストラクチャー (護岸際やレイダウン)に対してもシンカー先行で直線的にフォールさせる事が可能なリグでもあります。

フックは、オフセットフックの場合 リューギ(RYUGI)LTオフセット を使用。

ジカリグの場合テキサスリグと違ってスナップやシンカーのフレキシブルさを殺さない為にも、アイの部分はフリーにしておくのが理想。そこで、一般的なオフセットフックよりもロングシャンクな形状を採用しているLTオフセットを使用。
サイズは#2を基準にワーム(大)は#1 ワーム(小)なら#3を選ぶと良いです。
HLT027_main02.jpg

ストレートフックの場合、3インチ系ワームはDECOY/フリッピンストレート#1/0ないし#1。トレーラー的2インチ系ならコアマン/こだわりアシストフックL を使用。 

シンカーはタングステンでスイベルの回転の良い物ならOK。僕は10g以下はNOIKE/タングステン・ドロップショット・スリム 10g以上ならバレーヒル/TG SINKER 18 DROP SHOT を使用。

G_0275.jpg

スナップ or スイベル  シンカーのスイベルがしっかりした物ならスナップ接続でOKですが、スイベルが適当もしくはスイベル無しなシンカーを使う際はDECOY/オープンスイベルMで接続します。Sでも良い気はしますがフレキシブルさの点に於いてMが◎でしょう。
※ファイト中に開く恐れがあるのでスナップは必ず強度のある製品を使用することをオススメします。

ラバーはNOIKEケムケムラバー &スイスイラバー がオススメ。
付属のワイヤーでの固定はせずにOリングのまま使用。Oリングが緩いので脱着しやすくフック交換が容易なんです。

浮力系のワームを使うと、この通りバンザ~イします。 
320G_0583.jpg 320G_0581.jpg
スプリットリングではなくスナップ固定なのでフック交換が容易でオフセットフックも使いやすいというのがジカリグの強み。
ちなみに浮力系ワームを使った場合、スタックするのは十中八九ヘッド部分。なので必ずしもオフセットフックである必要はないのですが、オフセットを使うとゴミや海藻を拾いにくいというメリットが生じます。

それはさておき…バンザイ太郎を使うと一瞬にしてジカリグっぽさが消滅。
チヌマウスSのパクリルアーに見えてしまうから不思議です。恐るべし嶋田さん。

ラバーのメリットは主に「止め」でのアピールとフォールスピードを遅くできることでしょうか。2インチ程度のいわゆるトレーラー的なワームを使う際にボリュームを持たせることも可能ですね。使うシンカー&トレーラーのサイズ、ラバーのボリュームによってはノーシンカー級の食わせ能力があります。

デメリットとしてはワーム単体に比べて、飛ばない 風や流れに弱い 底取りに時間がかかる こと。
ハサミでカットしてラバーのボリュームを落とせば改善しますが、アピールは落ちます。

発想次第で使い方無限なラバーチューン。試してみるのも面白いですよ~。
関連記事

8 Comments

chom  

同じウエイトであれば飛距離、底の取りやすさとも直リグに軍配といったところでしょうか?
そうなるとテキサスのほうがいい点としてはワームとの一体感、コスパ、回避性能、フックのフリー具合といった感じですかね?

2015/01/15 (Thu) 12:21 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

Chomさん
大体合ってますよ。飛距離優先シチュエーションならジカリグですね~。

2015/01/15 (Thu) 15:34 | EDIT | REPLY |   

chom  

やっぱりそう簡単な釣りではなかったですね(・・;)

テキサスでウエイト、ワームだけ合わせればいいと思ってましたが、まだまだ勉強することはたくさんありそうですね>_<

2015/01/15 (Thu) 17:41 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

chomさん

夏向きのシーズンなら簡単な釣りですし、リグ的にはテキサスが一番理に適ってますよ。ジカリグはボトムワインドやプラッギング、ラバー系と一緒であくまでバリエーションの一つというイメージです。

2015/01/15 (Thu) 18:43 | EDIT | REPLY |   

chom  

やはり基本はテキサスで大丈夫なんですね!

地域なのかもしれませんが、朔さんはこの時期でもバンバン出されてますし、もしかしたらこちらもそういった年中楽しめる場所なのかもしれないので時間を見つけて練習がてら頑張ってみます。

2015/01/15 (Thu) 20:32 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

chomさん

大丈夫ですよ~。自信持って下さい!

そちらのキビレ事情は良く判りませんが、あそこは名古屋や大阪や福岡からわざわざ訪れる価値のある超絶条件の越冬場なので、あまり比較しない方が良いかもしれません(笑

2015/01/15 (Thu) 23:54 | EDIT | REPLY |   

りょう@淀川鱸  

こんにちは

もー苦手ですねワーム類(笑)。
シーバスもワームを使ったメソッドでいろいろ紹介されてますが、
使ってるんですが全く釣れたためしがなくて・・・。
まずはオフセットフックにまっすぐワームをさすのが難関ですわ(笑)
今年はワームがんばってみますわ

2015/01/17 (Sat) 12:55 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

りょうさん

スイムベイトはワームなのかプラグなのかどっちなんでしょうね?
素材はワームだしワームって事にして使いこなす作戦はどうでしょう(笑)

それと…メガバスから変なビッグベイトが出ますね。清流鱸のウナギパターン(?)にいかがでしょう!?
https://www.youtube.com/watch?v=i8AVfyIhWLo

2015/01/17 (Sat) 22:58 | EDIT | REPLY |   

Add your comment