淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

管釣りで遊ぶ

TOP BATTLER さんに触発されて管釣りにGO!

G_1953.jpg

管釣り釣行は10年ぶり位でしょうか? 
埃を被ったフライタックルを引っ張り出して準備し、嫁と子供を連れて昼から芥川に。

平日ということで釣人も少ないかと思いきや
団体さんが入ってバーベキューしながら楽しんでいたり、そこそこ賑わっていました。

芥川は自然河川を細かくパーテーションで区切った、所謂昔ながらの管理釣り場。
受付でお金を払って釣り場に入り、しばらくしてると自分たちが入った区画に放流してくれるシステム。
G_0290.jpg

前のお客さんの釣り残しが多い場所や、魚の溜まりやすい地形の場所に入れると良いんだけれど、良い場所から順番に埋まっていく物だし、居残りの魚には当然プレッシャーも掛かっているのでそう上手くいかないのがミソ。

ちなみに誰も入っていない区画で釣りするのはOKなので自分の区画に飽きたら移動も有り。
とりあえず自分たちが入った区画の放流したての簡単な奴は嫁さんに任せて、自分は隣の空いた区画でルースニング。

キャストその他諸々、意外と覚えているもので直ぐに連発。ルアーに比べてスレの進行が遅いのがフライの強みですね。
G_1960.jpg

10年後に見返しても思い出せるように書いておくと、リーダー3X(9フィート)ティペット4X(フロロ)と太めのシステムで開始。次行く際はリーダーは4x(7.5フィート)で短いようならティペットで長さ調整。ティペットは4xフロロで。

スレたら細くしようと思ってましたが楽勝で釣れ続けました。
50cmクラスが来ても安心してファイト出来たしトラブルレスで快適なのが良いですね。

2時間位で30匹ちょっと釣れたし嫁さんにも楽しんで貰えたようなので充分満足行く釣行でした。
次回は10年後と言わずこの冬もう一回くらい行きたいですね。

dG_0294.jpg
↑はロッホモアの#6~7。20年落ちの親父のロッドですw バス用で使ってたので芥川にはオーバースペックかな?

ルースニングとの使い分けで#3~4くらいのドライ専用で使えるロッドを追加したいな~という欲が出てきました。
#4は自分の持ってたけれど以前、踏んで折ってそのまんま…。またTOP BATTLER さんにお邪魔して相談するとします!
関連記事

0 Comments

Add your comment