淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

キビレマニア的フィッシングショー 2015

今年もやってまいりました。フィッシングショー大阪。
キビレマニア的フィッシングショー 注目アイテム 2015 ということで書いていきたいと思います。

まずはなんと言ってもこれ! オリムピック ヌーボ ティーロ 3機種
n_tiro.jpg
『ティーロ』のフルモデルチェンジ版で4軸ブランクス+モデルチタンフレーム&トルザイトリングのKガイドを搭載。

762L 772M 792MLのいつものラインナップですが、違いとしてはティーロプロトに比べ先径元径が太く、重量も増しています。価格はプロトよりかなり安めの設定。太く重くなった理由が潰れにくくする=パワーロスの解消なら大歓迎ですが単純にティーロプロトの安い版なのか触って曲げて見ない事には判りませんね。

ちなみにティーロプロトには842MLが追加されるようで、これも興味有りです。これはロシアのあんな魚やこんな魚用でしょうか?ヘビーウェイトをぶん投げるのに良さそうですが、自分の体格や筋力的にチヌに即アワセかませる長さは8フィートまでかなと思うので触ってみないとなんともですね。


オリムピック グラファイトリーダー・コンパット  VIGORE 745ML
gvicms-745ml.jpg
本格ルアーパックロッドのバス用と銘打ってますが、最強のチヌ用パックロッドと言って間違いないでしょ。
5ピースのスピニングモデルで仕舞寸法50cmアンダー。携帯の利便性を大幅にアップしながらもパワーありそう。
チヌだけでなく、沖縄のリーフやサーフのショアライトゲームにもってこいなスペックですね。


そしてリールはシマノ メタニウムDC&アルデバラン ベイトキビレ待望の新型リール登場です。
product1_s.jpg product2_s.jpg
メタニウムDCはエクスセンスDCより軽い190gという重量にマイクロモジュールギア。
新開発のデジタルコントロールブレーキシステムI-DC5を搭載。

アルデバランはなんといってもその重量。135gという軽さは衝撃的。シャロースプールも良い感じ。

近距離主体のナイトゲームなら使うシンカーが7g以下なので快適なのはアルデバラン。使うシンカーが7g以上。強風下でも安定した遠投性能が求められるデイゲームならメタニウムDCでしょうか。恐らくメタニウムDCは買いますね。XGと悩みますがHGでしょう。いやでもXGか。悩みますw

ルアーとしてはジャッカルのキーバーン   
keeburn-main.jpg
同じく、チャンクロー2.8  テナガスティック3.9
IMG_2592-コピー テナガスティック3_9
でしょうか。金属部分を下部に持ってきてボディは基板素材。発想が素晴らしい!かなり良さげですね。
チャンクローは待望のサイズですが、テナガスティックはチヌでそのまま使うには勇気のいるサイズですね(笑)

シマノ ネガカリノタテ16gも良いですね。15gを越すチヌ専市販品は初では? パワープロZも楽しみ。
24101_feature1.jpg   product3_s.jpg
スピニングは別のラインですが、ベイトは4本編みでコスパに優れるパワープロ0.8号使ってます。
ちなみにカラーラインはレベルワインドが着色されてしまい汚くなるのでベイトPEには無染色の白ラインがオススメです。

ヘッドライトはゼクサス ZX-700 "ブーストモデル"
ZX-700_main.jpg
ライトはナイトゲームの必須アイテムですが、この新型は400ルーメンだそうで。前モデルのZX-340も大概明るいのにコイツはほぼ倍の明るさ!大阪湾のチヌゲーで完全真っ暗闇ってあり得ないので、ここまで明るくなくても良いですけど、日本海リバー&地磯のガチ闇歩行では強い味方になってくれそうです。 水面照らさざるを得ないネットインの際は赤色LED派なので、サブライトが赤色 LEDなのも大歓迎。問題は単三4本なので重そうなのと値段ですね(汗)

他にも色々あると思いますが、まずはこんな感じでしょうか? 

僕は折角2015年に生きているのだから何か一つでも2015年の製品を使いたいと思うタイプ。
市販品を買う。新製品を買う。これをマーケット迎合型の人間だと見下す人もいるでしょうが、そもそもルアーフィッシングは、伝統的なスタイルを貫く事に美学を感じるフライフィッシングのような釣りとは違う技術革新の釣りです。

オールドアブが今なお色褪せずカッコいいのは当時の最先端をいっていたからであり、技術者デザイナーの「よりよいものを」という情熱の結晶だからでしょう。

ただまぁ昨今の、口八丁で上手にプロモーションしたもん勝ち的な物が溢れている状況は残念。
素材も製造技術も変わってないのに毎年毎年フルモデルチェンジしてるロッドとか、肝心の内部構造ギア部分を触らず見た目とネジだのグリスだの変えて「フルモデルチェンジ」なリールとか、既存の自社製品の色だけ変えて○○専用開発!とかね。

そりゃあ余裕がないと冒険は出来ません。自分で頭に汗かいて必死に開発するよりも既存の物をアレンジして売る方が手っ取り早いし効率が良いんでしょう。けれど、そんなプロモーション中心のメーカーが大手を振って業界の顔のようになってくると、その反動として「ルアーはレベルが低い」とか「ハイエンド買う奴は馬鹿だ」とか「釣りを判ってない」だのと言った声が大きくなってしまいます。

釣りと言うのは「道具では無い、腕である」と言い出す人がいます。
これも確かにその通りで、僕みたいな国際ライダーはどんなバイクに乗っても人並み以上のタイムを出せます。
釣りにも同じ事が言えるのですが…これはまた別に書きたいと思います。

いずれにせよ、趣味にお金を掛ける。好きなものを好きに買って好きに使えるって本当に幸せなことだと思うんです。

それをしにくくする空気が形成されることはメーカー・ユーザー、誰の得にもならないのではないでしょうか。
したり顔で間抜けな素人呼ばわりされて嬉しい人はいませんからね。

そもそも釣りというのは道具を用いた遊びなのですから道具にこだわらないなんて本末転倒だし勿体ないと思います。釣る目的が食糧確保や仕事なら話は別ですけどね。「○○で充分だよ」そういう気持ちもよくわかりますけれど……。それを人に向けて口にした瞬間、現在を生きながらにして過去の人間になってしまう。そんな気がしてなりません。
関連記事

5 Comments

chom  

ヌーボティーロと無印ティーロのウエイトが同じということについてお聞きしたいのですが、無印ティーロからブランクそのまま(間違ってたらすいません)ティップ部のみチタンフレーム+トルザイトリングに変更だと思うのですが、ウエイトが軽くなった分グリップかリールシートが重くなったのでトータルでプラマイゼロって感じなのでしょうか?

2015/02/13 (Fri) 12:35 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

無印ティーロとの比較ですね~。
無印はブースに置いていなかったので自分の感覚ですが、ブランク自体が肉厚になっており、グリップやリールシートではなく、バットセクションの重量増でプラマイゼロという印象です。

ティップ・ベリーセクションのブランクスは無印と似た感じですが、トルザイト化&バットセクションの4軸化で全体的に剛性が上がりシャープに仕上がってますね。

単純に補強すると魚が寄らない見せかけだけの駄竿になりますけど、ガイドセッティングを見るにキチンと曲がって魚を寄せられる竿に仕上がっていると感じました。

無印とプロトの中間といった感じ。無印に比べるとシャープでハイトルク。
プロトに比べるとマイルドで誰もが取っつきやすいロッドだと思います。

もちろんフィッシングショーで見て触って曲げただけで、実釣してないので細かい所はわかりませんが「この存在こそが圧倒的世界基準」とキャッチコピーにある通りの竿でしょう。
これ買って使えば、竿のどの部分を使えば飛距離が伸びるとか、どの部分を意識して入力すればフッキングが決まるとか、基本的な竿の扱いを全部教えてくれる先生みたいな存在になってくれると思いますよ。

このようなクセのない自分のイメージ通りに操作出来る竿ってとても素晴らしいと僕は思いますが、なにかしら刺激的なキャッチコピーや尖った性能を売る・求める傾向にあって需要があるのかなと心配になったりもします。これだけの物を作れるんだからもっとアピールしたらいいのにと思いますが、幾ら物が良くてもそれをしない限り国内では売れないでしょうね。

2015/02/13 (Fri) 15:14 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

あ、プロトには劣りますが、重心は手元に来るので操作は軽快でしょうね。

2015/02/13 (Fri) 15:27 | EDIT | REPLY |   

chom  

なるほど。
結局はプロトに行き着くとしても入門としては完璧な出来ということですね!

ホント宣伝をしないメーカーですよね(・・;)

良いものを作らなくても宣伝でなんとかなる時代になってしまいましたが、それだけ自信があるということですよね。

2015/02/13 (Fri) 20:14 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

chomさん

行き着く先はプロトとの使い分けですね。

792MLはチヌのボトムゲームのお手本ですね。
入門というか超絶爆風とか超ヘビーウェイトとか超ロングレンジとか1釣行のアベレージが10枚越えてくるようなヘビーユーザーでもない限りヌーボ792ML1本で不満は出てこないと思いますよ。

作ったのは俺だ!どうだ!俺を見ろ!どうだ!この感度!このパワー!と主張してくる竿が多いなかにあって、必要以上に存在感をひけらかさず「主役は竿ではなく釣り人ですよ」とでも言ってくれるような素直さと従順さを持ってますね。

実際海外では人気ですし、国内ではエバグリはじめツネミ関係のOEMで充分って感じなんでしょう。ただ、そのせいで?流通量が少なく一度B/Oなると待たされるのはユーザー的にはマイナスですね。

2015/02/14 (Sat) 00:28 | EDIT | REPLY |   

Add your comment