淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

Graphiteleader Tiro

今や僕の腕の延長。キビレ攻略に無くてはならない存在となったオリムピック ティーロ シリーズ。
imagess.jpg

tirop.png
OLYMPIC Graphiteleader Tiro PROTOTYPE

640704.jpg
キビレ"Yellowfin Sea Bream"

軽く、高感度。細くシャープなブランクスにパワフルなリフティング性能を備えながらも、存在感をひけらかさず「主役は竿ではなく釣り人ですよ」と、そんな従順さを持ち合わせた名竿。

ですが、他社に比べ販促に力を入れているように見えない故か?国内ではあまり話題に上らず正直売れているようには思えないシリーズ。なのにプロトタイプやEXなど年を追う事にラインナップが増え、2015年もヌーボティーロ3機種&プロトタイプ842MLが追加。「一体どこに需要があるのか?」不思議に思う人もいるはず。

その答えは 「Graphiteleader Tiro」 「Tiro 792」 と検索した先にありました。

パイク。 日本名 河梭魚(カワカマス)
imagess.jpg

ドイツ語でヘヒト、フランス語でブロシェ、中国では狗魚、英語ではパイク、ロシアではシチューカ(щука)と呼ばれ、全ヨーロッパとイギリス、ロシア、中央アジアとユーラシア大陸のほぼ全域と北米に分布。湖と川の弱小魚族をふるえあがらせ、養魚家には憎まれ、寓話作家のペン先にはかならずひっかけられて貪慾の代表に仕立てられている、日本にはいない獰魚。

聞くところによると、ロシアンフィッシャーマン達のメインステージは湖沼や河川のおかっぱり。
スプーンやジグヘッド・テキサスリグを用いたボトムドリフトが主流みたい。
d293545.jpg

フランシス・ベーコンが『生と死の歴史』で、魚類の中で最も寿命が長いとしているパイク。
成魚の体長は1mを超え、2mに迫ろうかというモンスターが、まさか僕のやってるキビレの釣り方そのままで狙える魚だったとは…。

640caa0e1e.jpg

パイクの他にもウォールアイやトラウト、サーモン、パーチなど様々な魚種を狙えるティーロシリーズはとても人気があるようで、Tiro PROTOTYPEも今年新発売のNuovo Tiroもあまり需要のない日本国内ではなく、海外、主にロシアで先行発売されるようですね。

↓な感じでノーマルとプロトの違いを詳細インプレしている僕みたいな人がいたりと、かなり愛されている模様。
imagew.jpg

imageww.jpg

左の人はハードロックフィッシュ用のTiro MR。 右の人はノーマルTiro。 魚はパーチでですね。
tiro310208320-204.jpg 31086920.jpg

ちなみに今年のフィッシングショーで本邦初公開のティーロプロトタイプ842MLですが、ロシアでは既にインプレしてるサイトがありました(笑)
cb57890dce0.jpg
Tiro PROTOTYPE 842ML

いいなぁ。羨ましすぎる。俺も早く使いたい…。今すぐ手に入れるには逆輸入しかないか(-_-)
c3f66a166.jpg

ノーマルティーロを片手に楽しんでる兄ちゃん。
39510326.jpg

サマになってますね。
47349747.jpg

ほんと楽しそうです。
28498890.jpg

これは夏でしょうか? ノーマルティーロがブチ曲がりのファイトを楽しんでる人や
24073.jpg

メーター越えとおぼしきデカサイズを仕留めてるおっちゃんまで。
80406.jpg
792MLかな? ライトリグを繊細に扱えて、このサイズ獲れるんだから人気があるのも納得ですね。

パイク。
この魚を見て真っ先に浮かんだのが、少年時代、父から貰ったタックルボックスに貼ってあったアブのステッカーと開高健の「私の釣魚大全」という本。実家の物置を探すも、どこに仕舞ったのかタックルボックスは出てこなかったが「私の釣魚大全」は父の本棚に見つけてちょっと拝借。

「フィッシュ・オン」 「オーパ!」 開高さんの本は昔散々読んだものですが、ちょっとパイクの話をと思ったら止まらなくなってしまい、睡眠不足気味の日々です。

開高さんというと個人的にはアブとフェンウィックのイメージが強いのですが、パイクの話の次に出てきたトラウトの話の中で、ドイツにある釣り宿の主人で漁師でもある”ヴァルトマンおやじ”に「日本製品は素晴らしい」と言わしめた氏のロッドはオリムピック製。

嗚呼、今は亡き開高さん。

開高さんが「日本製品がドイツ人の漁師に激賞されて私はうれしい」と書いて30年以上の歳月が流れた今。
PCモニターに映った、オレンジ色のロッドを手に笑顔で魚をぶら下げている白い肌に青い目をした男達を見た僕もまた「僕の愛竿である日本製品がロシアの釣人に激賞されて嬉しい」 そういった心持ちであります。


続きはこちらをクリック→ breath of made in Japan. 
関連記事

4 Comments

chom  

ティーロってやはりすごいロッドなんですね!

これだけ海外で愛されていれば国内に力を入れる必要もない訳で、日本人のモノづくりは改めてすごいと感じました(・・;)

パイクが日本にいたらなと少し思いましたが、適水温の関係でもし誰かが離したとしても自分の地域では無理そうです。

2015/02/14 (Sat) 12:33 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

chomさん

とても良い竿ですよ。これからも「さすが日本製」と言われるような物作りを続けてもらいたいですね。

ロシア語分からないけれど、自分もティーロ片手にパイク釣りに行きたいなと思っちゃいました。

2015/02/15 (Sun) 17:28 | EDIT | REPLY |   

みやたん  

ティーロ最高です!
ロシアで人気、噂は聞いてましたが凄まじい人気ですね♪
繊細な釣りも出来て1m近い魚ともファイト出来る。よだれ垂れちゃう(/▽\)♪
真夏の河川でのもりぞーさんアクション真似スペシャルや、ショア真鯛が楽しみです\(^o^)/

2015/02/15 (Sun) 18:40 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

みやたんさん 

ティーロプロト最高でしょ~?
今年の夏は思う存分ナルトビエイと戦ってみて下さいw

2015/02/15 (Sun) 23:57 | EDIT | REPLY |   

Add your comment