淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

カスタムロッドで春釣行

シマノ メタニウムDC + DAIKO アークエットARQS-77MH-B  modified by KYOTO FLY
aq0574.jpg

大阪市のルアー&フライショップTOP BATTLERさんに紹介して頂き、KYOTO FLY 窪田代表にスピニングロッドからベイトロッドへと改造して貰ったアークエット77MH。 

年度末という事もあってなんだかんだと忙しく釣りに行くどころではなかったのですが、受け取ってから2週間が経過…。
いい加減試しておきたかったので小一時間だけ振ってきました。

久々の釣行、場の状況は春モードの19.5度。
sui0588.jpg

水温は申し分なく最初サクサクッとキャッチで2桁楽勝モードでしたが、泡混じりの澱んだ濃い赤茶水が入ってきた途端沈黙。さすが?大阪湾。もう赤潮発生ですわ。

プランクトン濁りにも種類があるし、濃淡によって場所や釣り方を変えたら普通に釣れるんですが、
久々のポッと行き短時間釣行では移動なんて無理っす。

5枚で終わってしまいましたが、ロッドテストには充分な釣果でした。

やはりと言うか予想通り6フィート台のバスロッドに比べライン操作がしやすいです。
ファイト時も魚を浮かせやすく、スピニング改は間違いではなかったと感じました。

10g超のリグを使うならアークエット77MHで良いんですが、10g以下になるともう少し“しなる”ロッドをベースにした方が良いでしょうね。この辺はスピニングでも竿を代えて釣っているのでプロトタイプが出てから出番の無くなったティーロ792MLあたりをベイト化するのが良いかも。

1・2
1h0556.jpg 2h0557.jpg
3・4
3h0558.jpg 4h0559.jpg

5h0560.jpg
関連記事

6 Comments

BS45  

こんばんは

いつ試投されるのか?と、首を長くしてお待ちしておりました。
条件が悪い?中、やはり流石です。
やはりティーロ改、見てみたいです。
後前回のコメントの話ですが、バットが残る竿というのはどう言う事でしょうか?
もし良ければ、詳しく教えて頂ければ嬉しいです。

2015/04/04 (Sat) 00:13 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

BS45さん

バットが残るという表現は、フッキング動作の局面局面において「曲がりシロ」があるとかないとかという意味です。必要以上に曲がりすぎててもいけないし曲がらないのも駄目。バットにしろベリーにしろブランクスの力がどのタイミングで立ち上がるかがキモです。

スピニングをベイト化すると言う事はベイトリールに合わせてグリップを変えるだけでなくガイドサイズと位置を変えるという事です。バット側のガイドを小径化して位置を微妙にリール側に寄せるわけですが、それは同時にブランクスに補強を入れたような効果を生むので、バットが強い竿が強すぎる竿になりやしないか心配だという意味で書いたんだと思います。

2015/04/04 (Sat) 22:01 | EDIT | REPLY |   

BS45  

凄いです

そこまで考えられてるとは、モリゾーさん凄過ぎです。
自分だったらスピニングをベイト改にしたワ〜イ!って、ただ喜んで使ってると思います。(笑)

2015/04/05 (Sun) 09:19 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

BS45さん

噛みつきバイトの小さな口に針を貫通させないと駄目なので、使うシンカーの重さやポイントまでの距離でベストな竿が変わりますよね。ティーロシリーズにせよブレニアスにせよ、その辺を理解している人が作ると使うリグの重さでラインナップが3つになるんだと思います。

勿論、僕もワ~イ!って使ってますよ。数年越しの妄想が現実になったんですから!

2015/04/06 (Mon) 00:53 | EDIT | REPLY |   

TOP BATTLER Jr.  

1

ナイス釣果ですね(・o・)
問題点もあると思いますが、まずは成功でしょうか。
また遊びに来て下さい(^^)

2015/04/08 (Wed) 14:00 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

TOP BATTLER Jr.さん

ありがとうございます!これをきっかけに色々とイメージがわいてきましたのでまたよろしくお願いします!

2015/04/11 (Sat) 00:15 | EDIT | REPLY |   

Add your comment