淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

最高の一日。

但馬の磯マル、、獲ったどーーー!!

s0180.jpg

兵庫県但馬地方。。。母の実家がある朝来市は僕の第2の故郷。
そんな但馬の海で念願の磯マルデビューを果たすべく、新年早々から数度メバル狙いで磯場に立ち、
来たる日に備えてきたワケですが、遂にその日がやってきました。

今年は例年になく寒く、磯場周りでのシーバス釣果がサッパリ聞こえてこず、
歴戦の磯マル師である師匠二人もさっぱりだったのだが、つい2日前に60サイズではあるモノノ連発したとの事。

『同じパターンがまだ成立するであろうから来いもりぞー!』

そんなわけで、翌日仕事にも関わらず平日夜の強行釣行と相成りました。


崖みたいな所…もとい崖を登って降りて数十分。
到着した現場は、とある地磯。

足場から数メートル先には海面から露出した岩々。
そしてその先にある海藻帯と沖にあるシモリの間がポイント。

手前の岩と、沖のシモリの間に流れが聞いてきたタイミングがチャンス!

ヒットさせたらロッドを突き立てゴリ巻きで浮かせて根から引きはがし、海藻帯をかわし、
更にゴロタ岩の隙間をぶち抜いて、ランディング体制に。

しかしながら手前も藻だらけでネットは使えず、しかも足場は海苔付き岩の上。ランディングはギャフかグリップのみ。
 
なにこの素人裸足な悪条件? 

淀川や尼崎港湾部のオープンエリアドブシーバスしか経験のない僕にはハードすぎます(汗


『いいか、もりぞー。 
アタったら、ぽにょぽにょぱぷーん! っと叫びながらドラグ出さずにゴリ巻きファイトだぞ!』


コアな磯ヒラ・マルアングラーにしかわからないであろうネタを織り交ぜつつ僕にアドバイスする師匠。


『はい師匠!了解しました!』

そして、第一投目。。。  ゴンッ!!

『!!!!』


『 ぽ、、ぽにょぽにょぱぷ~~~ん! 』  ジィィィィ~~~ッ!!


し、師匠、、どうにかルアーは回収できましたが、海藻帯に潜られてバラしてしまいました。


『バカモン!声が小さい!お前は本気で日本海の磯マルを獲る気があるのか!!
それになんだ?その気合の入っていないドラグ設定は!?ドラグフルロックでゴリ巻きだって言ったじゃないか!』


『スイマセン師匠、、流石にネタだと思ってました(汗)』


『まぁいい、今度はしくじるなよ。もりぞー!』


そして、2投目、、、  ゴチンッ!!! 

『!!!』

『(ええい、今度こそ!)ぽにょぽにょぱぷーん!!!! 』

ドラグフルロックで一気に浮かせて、海藻帯を突っ切り、手前で露出してる岩場を交わし、秒殺ランディング!!

sal0168.jpg

ヒットルアーは、サルディナ127F 


『し、師匠、やりました!遂に念願の但馬磯マル捕獲成功です!!!』


『喜ぶのはまだ早いぞもりぞー。さぁ、続けてもう一本獲ってこい!』


ぽにょぽにょぱぷーんッッッ!!! バレました師匠!  

オラァァァ!ぽにょぽにょぱぷーんッッッ!!! 釣れました師匠!
g0170.jpg



ファイト中にポロリしつつも5ヒット3キャッチ。
僕がキャッチしたのを見届けた後は、師匠達の番。二人とも流石のファイトで秒殺ランディング!

この後、流れが止まりアタリも止まったので、場所安めで休憩~~。
1時間程休憩した後、再度流れが効き始めたのを見て再開。

しkし、、ショートバイトの連続で乗せきれず。
先日同じパターンで釣った師匠’ズ曰く、腹の中に入ってたのはマイクロベイト。
あまり大きく吸引せずともいいエサ喰ってるから、ルアーを吸い込むバイトが出ないのでは?と。

事実、先程釣った奴らも、口中にフッキングと言うより反転した際に横っ面にフッキングしてるようなのばかり。

そこで、小さな吸引でもしっかり入るようなルアーをってことでローテーション。
ルアーサイズを下げていき4回バイトを得るもフッキングには至らず。。。

吸い込みやすそうなルアー、、、吸い込みやすそうなルアー、、  

『!!!』

(…そういや、、バチ抜け用に買った奴が入ってたような、、、)
ゴソゴソと、師匠達に気付かれないようにルアーをセットし、キャスト。キャスト。キャスト。。。

ゴッ、、ツンッ!!

『オラァァ!!!ぽにょ(以下略!』


ジリジリ…っと、さっきまでのサイズでは1ミリも出なかったドラグが鳴るが、お構いなしにゴリ巻き。
膝と背筋を使ったポンピングで一気に浮かせ、手元に寄せる。

デカイ!!80越えたか???

師匠ズは離れたところにいるので、アシストのギャフも頼めない。
自分でヤルしか!! 腰のオーシャングリップを抜いて入水しつつ、根性出してランディング。
s0178.jpg

但馬の磯マル、、獲ったどーーー!!


75センチ、3.5キロと80越えはなりませんでしたが、狙い通りに掛けて、ゴリ巻きで取れたのが気持ちよくて…最高!(笑)

師匠達からは但馬では90越えがスズキやで、70サイズは中バネや~~って、からかられましたが(笑)


で、、、



気になるヒットルアーは、、、アルカリ+パワーヘッド5g。
7gだと海藻に掛かるので、5gにしたら一発でした!

sa0181.jpg


ワームは反則やろと罵られましたが、それはそれ(笑)
狙い通りに吸い込ませて獲れたので、めちゃ気持ちよかったです!  …まさか最大サイズが来るとは思いませんでしたが(笑)

政メカさん、弟子熊さん。二人の師匠に釣らせて貰った念願の但馬初磯マル。思い出に残る魚でした!

但馬の海と二人の師匠に感謝。ありがとうございました!
関連記事

0 Comments

Add your comment