淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

2月ラストは湾奥で

2月最後のキビレ釣行。
2nnP2195.jpg

低気圧の通過に伴い強風が吹き荒れるとの予報に、潮被りに行くか悩む。
後片付けの手間と予測される釣果を天秤に掛けた結果、2月ラスト釣行は湾奥に決定。

小潮とあって潮の動きはイマイチ。
普段は元気いっぱいに跳ね回っているボラもやる気なさげな雰囲気ですが、気配は感じる…。

前打ちの間合いで上からダイレクトにライトリグを送りこみ、丁寧に狙って5枚。
今までやってこなかった釣りですが、SLKスタイルも徐々にそれっぽくなってきた気がします。

しっかし、上から狙うとキビレって秒殺ですね。直ぐに浮いてきます。
ウェーディングで水面ツラの状態からキャストで狙うと全然浮かないのが嘘みたいです。

一部の餌師がキビレをクソ扱いする理由がわかりました。

ちなみに…水面ツラの釣りだと逆にチヌは大して引きません。
横叩き系のキビレは河川・砂浜などのシャローで面白く、縦叩き系のチヌは港湾・磯などのディープで面白いって事かも知れませんね。

1・2
1nP2192.jpg 2nP2197.jpg
3・4
3nP2200.jpg 4nP2201.jpg

5nP2203.jpg

総評として、色々と試せた2月でした。特に湾奥の釣りではSLK的な釣りを試行錯誤。
また、オープンエリア系の釣りでもそれなりに納得の釣りを展開出来たように思います。

釣りやすいからと言って特定の狭い場に通い詰めたり、楽して抜けるピン撃ちばかりやってると後年自分の首を絞めることになりますからね。
その辺の話はまた次回にでも。


13釣行68枚 平均5.2枚/2月チニング    15釣行70枚/2016チニング
関連記事

4 Comments

ジョニー出っ歯  

1

お疲れ様です。

確かにヘチではキビレは早めに浮いてきますね~♪

そこでふと考えました。

普通にヘチってもオモロイキビレをもっと面白くする方法はないかと…

その結果、わざとロープの張り巡らされた場やストラクチャーの激しいヘチで掛けることになりました。

これがまた釣果もアップして一石二鳥でした。

キビレもやり込んでいくとセイ~ゴの練習にもなるし、うちは大好きなターゲットです(^^)

SLK恐るべしですね。

お見事の一言に尽きます。

また意味深な次回の記事が楽しみです。

2016/03/02 (Wed) 23:29 | EDIT | REPLY |   

みやたん  

チヌはひきが弱い、キビレはあたり方からひきまで強いと思ってたんですが場所が変われば真逆になったりするんですね( ・∇・)

特定の狭い場所ばかり…ズバリぼくです(汗)
釣りの幅が広がらず応用が効かない…とは分かってるんですがなかなか開拓する勇気が(´・ω・`)

次回記事、ダメ出し期待してますo(^o^)o

2016/03/03 (Thu) 10:07 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

ジョニー出っ歯さん

難しい場に立って、掛けてからランディングまでのシミュレーションするのは楽しいですね。
そう言えばスズキも水深で引き方が変わりますね。川とか浅いと浮上してエラ洗い、磯とか深いと最後まで下へ突っ込みますね。サイズにもよりけりですが。
皆が皆じゃないですね。本文訂正しました(^^;)

2016/03/03 (Thu) 21:23 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

みやたんさん

まぁ~あそこはまだマシじゃないかな?今のままだったら。
場所とリグとウェイトと色と動かし方をネットで拡散させない限りは(^^;)

2016/03/03 (Thu) 21:51 | EDIT | REPLY |   

Add your comment