淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

シルベラード742MLファーストインプレッション

3pP0160.jpg
Rod : OLYMPIC Silverado742ML  Reel : SHIMANO '16 Vanquish C3000HG

指の怪我も癒えたので、シルベラード742ML持ってチニングに行って来ました。

時折小雨がぱらつくローライトコンディション。

ライトリグをショートディスタンスで操作して…

ストラクチャーをタイトに…

丁寧に…

1pP0156.jpg

7フィート4インチというとティムコのkurodai74を思い出しますが、正に現代版kurodai74と言った趣のシルベラード742ML。

同じ長さで、同じ掛け重視のロッドですが、違うのは生まれてきた時代背景でしょうか。

kurodai74 … ズル引き全盛、巻きの釣りにおける乗り重視のソフトティップがスタンダードだった時代の掛け重視ロッド。
シルベラード742ML … 止めの釣りにおける掛け重視がスタンダードとなった現代の掛け重視ロッド。

なので、kurodai74ではティップがお辞儀してしまって使いにくかった7g、10g、14gのリグでもスパスパとキャスト出来るし、スタックさせずに操作可能だし、掛け損ないが多発するようなロングレンジでのバイトに対してもバシバシフッキングが決まります。
…とはいえ、10g超をフルキャストするようなロングレンジ戦は「出来なくはない」って領域なので同じシルベラードでも782Mを使う方が良いですけれど。

742MLが得意とするのは5gを中心としたショートレンジ。
淀川の下流ゴロタなんかで真価を発揮するロッドですね。

74と言うレングスはティーロプロトタイプに無い設定だったので重宝しそうです。
792MLだと長い、772Mだと強すぎるってシチュエーション、意外とあるんですよね。
これのベイトロッドが出たら更に面白いだろうな~。

怒濤のキビレ21枚キャッチ。


1・2
1pP0156.jpg 2pP0158.jpg
3・4
3pP0160.jpg 4pP0161.jpg
5・6
5pP0163.jpg 6pP0164.jpg
7・8
7pP0165.jpg 8pP0166.jpg
9・10
9pP0167.jpg 10pP0168.jpg
11・12
11pP0169.jpg 12pP0170.jpg
13・14
13pP0171.jpg 14pP0172.jpg
15・16
15pP0173.jpg 16pP0174.jpg
17・18
17pP0175.jpg 18pP0176.jpg
19・20
19pP0178.jpg 20pP0179.jpg
21
21pP0180.jpg
関連記事

2 Comments

ジョニー出っ歯  

1

お疲れ様です。

バカバカですね(^^;)

ショートレンジでストラクチャー廻りを丁寧にですか。

まるで前打ちショートロッドバージョンですね。

ゆっくり巻き時に出るガツガツ感をとる竿ではなく、止めの釣りで掛けるという言葉に惹かれました。

欲しいですねこの1本。

前打ちショートロッドバージョンで餌掛けしたくなりました。

釣果は圧巻の一言です。

2016/06/28 (Tue) 22:27 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

ジョニー出っ歯さん

バカバカです(笑)

742MLを買ったのは正に前打ち+αの間合いを打てて、ロングレンジに切り替えても使える竿が欲しかったからなんですよね。従来の「SLK的な」竿は小口径ガイドのダルイor弱いのしかなく、油断すると4号リーダーでもぶち切られる様な場所では使えなかったので、軽くて気持ちショートでハリとパワーがあって素直な竿の登場を心待ちにしていました。4号リーダーでもガイド抜け良好なので快適です。

2016/06/29 (Wed) 21:45 | EDIT | REPLY |   

Add your comment