淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

久々曇天でキビレ炸裂

キビレ・チヌ24枚+シーバス1匹。
20pP0296.jpg
Rod : OLYMPIC Silverado782M  Reel : SHIMANO '16 Vanquish C3000HG

梅雨の中休みで真夏日続きだった大阪湾にやってきた久々の曇天。
微妙な雨で若干クリアアップした水色に曇天効果で上昇が抑えられた水温。

前回の釣行はまだギリギリ初夏でしたが、今回は真夏って状況。
正確には一度茹だってから水温下がったタイミングで場に立った感じでしょうか。

こんなん釣れるに決まってますやん…。
カッパ着るほどでもない、しとしと雨の降る中、実釣開始。

早々からバンバン当たって数を伸ばし、良型シーバスもキャッチ。
89sP0280.jpg

もう1匹同じサイズを寄せるも、ネットインにもたついていたらエラ洗いでサヨウナラ。
65cm位のサイズを36cm枠のネットで獲るのはナカナカ難しいですね。

後半は夕マズメに怒濤の連続ヒットで時速14枚。
元データ(17:53~18:53)http://photozou.jp/photo/list/3165501/8886828
17枚目と18枚目の時間差(撮影から撮影の間)なんて1分ですよ。入れパクです。



もう少し風が強く押せば更に怒濤の勢いとなったでしょうが十二分に楽しめました。

今回はシルベラード782Mを使いました。
742MLで2回釣行して持ち替えた印象は、近距離でのフォーリングバイトを掛けるには短い分、74が楽だなと感じます。
その代わり、遠距離ではやっぱ782Mだなと。

シルベラードの強みはなんと言ってもブランクの張りでしょう。
一般的にチニングロッド=ティップは柔軟なほうがいいと言われますが、それって巻きで釣っているからなんですよね。
巻き=ラインテンションの掛かった状態でバイトを取るから、弾かず向こう合わせで掛かりやすいロッドが良いという話。

ですが、昨今のチニングシーンでは巻きでガッツリ食ってくれるのは余程活性高いかプレッシャーが掛かっていないエリア位なもの。出来る限り大きい魚を出来る限り多く釣ろうとすると、ドリフトやフリーフォール等、極力ラインテンションを掛けない釣りを展開する必要があります。

餌の場合、竿で聞いて合わせるって技がありますが、ルアーは疑似餌と判断されたらお終いなので即掛け必須ですしね。

「アタリは多いのに乗らない」 「ショートバイト多発」 
チニングで良く聞くフレーズですが、それって無駄に動かしているせいかも?

テンションを極力掛けない釣りは、縦(水深)に横(飛距離)にラインが出れば出るほど、フッキングが難しくなるのですが、シルベラードとティーロプロトタイプ772Mはそんな釣りを強力にアシストしてくれますね。

欲を言えば、742Mがあれば…。中距離ディープエリア攻略にきっと最高だと思うんですけどね。
742MLベイトロッドと、742M、追加機種で出して欲しいです。

良い釣り出来ました。

1・2
1pP0265.jpg 2pP0266.jpg
3・4
3pP0267.jpg 4pP0268.jpg
5・6
5pP0269.jpg 6pP0270.jpg
7・8
7pP0271.jpg 8pP0273.jpg

9pP0281.jpg 89sP0280.jpg
10・11
10pP0283.jpg 11pP0284.jpg
12・13
12pP0285.jpg 13pP0286.jpg
14・15
14pP0287.jpg 15pP0288.jpg
16・17
16pP0291.jpg 17pP0292.jpg
18・19
18pP0293.jpg 19pP0294.jpg
20・21
20pP0296.jpg 21pP0299.jpg
22・23
22pP0300.jpg 23pP0301.jpg
24
24pP0302.jpg
関連記事

6 Comments

りょう@淀川鱸  

こんにちは

こんにちは

おっ、スズキが釣れてていいじゃないですか。
自分も淀川でスズキ狙いで出撃してますが
なかなかグッドサイズのがいないですね。

キビレの写真整理はいつどこのやつか訳わからなくなりますね。自分もぐちゃぐちゃです(笑)。
ブログにも適当にまとめて作文して、半分空想ブログになってます(爆)


2016/07/13 (Wed) 16:37 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

りょうさん

チニングロッドですし、これくらいのサイズになると面白いですね!
そろそろ銀ピカの川鱸やキビレを狙いに遠出したいですがなかなかチャンスが巡ってきません。

何匹釣ったか分からなくなるので、釣ったら必ず1尾1枚撮影するようにしています。一応頭でも数えながら釣ってますけど5、6匹目くらいから段々怪しくなってきますね(笑)

2016/07/13 (Wed) 18:27 | EDIT | REPLY |   

ジョニー出っ歯  

1

お疲れ様です。

餌でもうちはなるべくテンションを抑えようとした結果、今ではスライダーでもフリー打ちしています。

特にコロガシも加えるときは、フリーにして潮の流れによって自然の速さでフリフリさせた方が食いがよくなると感じます。

餌師からもりぞーさんの釣り方を見た時に上手い具合にリグを利用して、ルアーの自然な動きを100%出しているように見えます。

ちょっとした潮の力は、釣り師の考えている以上のポテンシャルを出すと妄想します。

キビレに向かおうか迷う記事でしたよ~♪

お見事です(^^)

2016/07/13 (Wed) 21:13 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

ジョニー出っ歯さん

同じグラム数でもシンカー形状が違えば落ち方が違うし、ボトムの釣りは奥深いですね。ボトム形状、流れの当たり方、風の向き、魚がどの向きでどう定位しているか、こちらの想像が実際の釣果にリンクした時の気持ちよさは格別ですね。
時速10枚超ペースは、その場そのタイミングに完全に同調しないと出せないので、満足感ありますね。

2016/07/14 (Thu) 17:57 | EDIT | REPLY |   

KEIJI  

釣りすぎやで~(笑)

2016/07/15 (Fri) 20:53 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

KEIJIさん

あざ~~っす!!

2016/07/16 (Sat) 22:52 | EDIT | REPLY |   

Add your comment