淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

やっぱり冬キビレ

冬のキビレ。
212xG_4451.jpg

時合外は、アタッて来てもショートバイトとすら呼べないような、口先で小突くような反応ばかり。
合わせても絶対掛からないので無視して待ちの展開。

ようやく掛けに持ち込めたのは開始から1時間後。
流れが出だした途端、しっかり口を開けて喰いに来る反応に変わるのです。

素直で可愛いじゃないか。

そこから6枚釣って、こんなのもキャッチ。
s12G_4456.jpg

良い釣り納めになりました。 1・2
112G_4436.jpg 212G_4449.jpg
3・4
312G_4458.jpg 412G_4461.jpg
5・6
512G_4466.jpg 612G_4467.jpg
関連記事

6 Comments

ジョニー出っ歯  

1

お疲れ様です。

うちもその極小当たりが多発して困っていました。

ならば、ダメもとで早合わせにしたらどうかと考えて早合わせしたところ、30cmチョイのチヌでした。

チヌ釣ること自体が滅多にないところだから、群れの無いところはピンが回ってくるイメージがそこでできました。

もりぞーさんの獲物の正体が気になりますね♪

いつもながらお見事です(^^)

2016/12/29 (Thu) 21:39 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

ジョニー出っ歯さん

う~ん、どうなんでしょう??チヌって追ってきませんか?コツッの一発きり。
ティップに来ず、ラインがプッって張って即緩むような奴ばかり。
咥えに来たらフッキングを試みますが、ダメ元で掛かるとかそういうレベルにすらない反応ばかりでした…。

冬の神経戦は超楽しいですね~~♪

2017/01/05 (Thu) 21:36 | EDIT | REPLY |   

ジョニー出っ歯  

1

チヌは追ってこないイメージが強いです。

だから釣れる前にキビレかチヌかを見極める手で、第1の当たりから追い食いするかしないかというのと、餌の状態が潰されるか齧りとられるかで判断する場合が多いです。

全部が全部潰され=チヌであるかというとそうでもないんですが、つぶれの場合非常に細かい(すりつぶされたような状態)だとキビレと見てしまいます。

今回、元旦には新しい竿で追い食いしてきたのには逆にビックリしました(笑)

チヌはペッと吐くと二度と噛まないという印象が強いです。

キビレは当たりの後、再度追っていき、グッと引っ張る(走る)当たりが多いように感じます。

これはうちが今までで味わってきた餌の場合です(^^)♪

2017/01/06 (Fri) 19:58 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

ジョニー出っ歯さん

へー!ルアーだと真逆の印象です。面白いですね!

僕の釣りかた、エリアでの経験上、一発で喰わずに、しつこくしつこく追ってくる奴を掛けると大抵チヌです。(もちろん、一発で喰うチヌもいます)キビレは一発で喰うのが大半。一発で喰わずに追う奴も居ますがチヌのような距離は追わない印象です。

潰されるor囓られるは、ルアーでは判別不能なので見分けようがないです(笑)

2017/01/06 (Fri) 23:35 | EDIT | REPLY |   

ジョニー出っ歯  

1

これは意外でしたね!

ルアーだと逆とは…

餌でキビレだと3mなんてへっちゃらで当たり続けます。

でも、これで何となくチヌだと餌が単発突かれで終了するのが何となくですが妄想できました。


ここからはあくまでうちの妄想上の話です。


ヒントはもりぞーさんの『潰されるor囓られるは、ルアーでは判別不能』という言葉でした。

チヌは一度ヒビ入れて弱った餌がモノホンの餌だという事で認識している可能性が大ですね。

『何故に弱った(死んだ)餌が同じようなジャンプをするんだ?』という疑問を持つ事でしょうか…

獲物にとって『違和感』というのは人間が思っているよりも深く見ている可能性があります。

もりぞーさんの書き込みがあってからうちは仕事中でも何かの違和感を覚えました。

『もしかしたら違和感というのは、タックルから伝わる違和感だけでなく、餌に対して死というものを視認によって認識しているのではないか?』というものです。

勿論、ヒビ入れる事によってカニみそによる『臭い』という臭覚も同時に発生します。

臭覚も相まって『これはおかしい!!』と感じていたら…

妄想が止まりませんね~(((*≧艸≦)ププッ

これだとルアーの場合チヌが追いかけ続ける理由が成立するのですが、キビレに関してはなぜ追わないのか今妄想中です…

飽き性なのかな(笑)

2017/01/07 (Sat) 22:37 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

ジョニー出っ歯さん

『何故に弱った(死んだ)餌が同じようなジャンプをするんだ?』という疑問を持つ事でしょうか…

↑これ、おもしろいですね。その通りかもしれません。


流れがよわく、ズルズルと底を巻きで操作せざるを得ない状況で「追い」が出ます。この追いですが、一定速度で巻くorスローダウンさせるor一瞬止めるだと続きますが、止めきったり、ジャンプさせると追いが止まることが多いです。

経験上、追いが出ているときは竿の操作は辞めてリールで巻いたほうが深いバイトに繋がると感じます。

止めきる=ルアーと見切られる 
ジャンプさせる=あれだけ噛んだ奴が元気なのはおかしい
でしょうか。

最終的には視認して喰ってますよね。

濁りが入ると活性上がってバイトが増えるけど、ミスバイトも増えると感じます。完全に側線感知で喰ってるなら、濁度が上がった程度でミスバイトしないはずですが、それが起こるのは、側線感知で寄ってきて、最終的には視認して口使っているからにほかないと思います。

キビレの追いが短いのはなんでしょうね。
追ってから辞めるにせよ深く喰わえるにせよキビレは判断早いと感じます。大体1mから1m半てとこだと思います。

2017/01/08 (Sun) 14:17 | EDIT | REPLY |   

Add your comment