淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

ハードソリッドは良いな

ヌーボフィネッツァ742LML-HSでベイトチニング。
17adG_4535.jpg
Rod : OLYMPIC Nuovo FINEZZA742LML-HS  Reel : SHIMANO ALDEBARAN BFS XG

ガツーンと気温低下から、寒いなりに落ち着いたであろうタイミング。
長潮に北北東の風。 

175aG_4565.jpg

リグを流せる場所で釣りを展開しない場合、風もなければ巻いて引っ張らざるを得なくなります。
巻いてリグを引っ張ると、必然的にラインにテンションが掛かります。

テンションが掛かった状態のリグに対し、深いバイトを出すのはスレてない活性の高い個体だけ。
やはり、如何にラインスラックを作り出して深く咥えさせるかが浅掛かりからくる身切れを防ぐキモになってくるのですが、バイトへの追従性がよく、ラインコントロールが容易なハードソリッドティップ採用の竿を使うのは一つの正解かも知れません。

チューブラーのパッツンロッドと比べて釣果に大きな差が出るかと言われるとどうでしょ?
なぜなら、チューブラーのパッツンロッドでも操作次第で同じ事が可能だから。
ただ、人間が神経使って調整していた部分を竿がやってくれるので、無駄に神経使わなくて良いですね。

とはいえ、全体的に細身で柔らかいので強風下だったり、フォールなど瞬間的な合わせが必要な場面ではイマイチかな?
やはり現状でオールラウンダーなのは張りのあるロッドでしょうね。
ヘラクレスファクトのように、太くて張りのあるブランクにハードソリッドティップが搭載されたチニングロッドあれば理想的かも?

175G_4564.jpg

5枚キャッチ。同じ立ち位置で連発しないのが悩ましいですが、良いキビレが2枚混じりました。
特に5枚目は大きかったですね。

1・2
171G_4522.jpg G_4526.jpg
3・4
173G_4544.jpg 174G_4547.jpg

175G_4564.jpg


関連記事

4 Comments

みやたん  

ふむふむ、深くくわえさせるようにする…メモメモ。


それがなかなか難しいんですよ、ぼくみたいな下手っぴには( ̄▽ ̄;)
あたりないと正解なのかすぐ疑心暗鬼になってしまいますし(´・ω・`)
妄想…いや想像しながら頑張ります!!

2017/01/12 (Thu) 22:11 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

みやたんさん

ケースバイケースだと思いますけどね。
冬は食い気のONOFFがハッキリしてるので悩み所ですね~。

2017/01/13 (Fri) 17:39 | EDIT | REPLY |   

ジョニー出っ歯  

1

お疲れ様です。

ただでさえ寒い時期に当たり取りや合わせも神経使うとなると、やはり集中といった点で欠落しミスを出してしまいます。

未だ、胸鰭きれいですね(笑)

ここが荒れだしたらある程度の見極め時になってくるでしょうね。

いつもながらお見事です(^^)

2017/01/13 (Fri) 21:19 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

ジョニー出っ歯さん

1にも2にも防寒対策ですね(笑)

そうなんですよ。ヒルまだですね。そろそろでしょうか。

2017/01/14 (Sat) 23:14 | EDIT | REPLY |   

Add your comment