淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

捕食×反射×攻撃

大阪湾に寒波がやってきた。
01f1G_4607.jpg
Rod : OLYMPIC Nuovo FINEZZA742LML-HS  Reel : SHIMANO ALDEBARAN BFS XG

この日はデカサイズのキビレを2枚に30半ばを1枚。
01f1bG_4603.jpg

ヌーボフィネッツァなかなかやります。
01f2G_4608.jpg

ライトアクションのベイトタックルで、このサイズとの駆け引きは最高ですね。
01f3G_4611.jpg

タイミングを外した感のある、この日の釣行。

障害物を舐めるようにリグを通していくと、ごく稀に瞬間的なバイトが出るのですが、まぁ掛からない事。
奇跡的に掛かっても即バレ。
食い気のない時間帯に、食性ではなくリアクションで口使ったように感じました。

01f3G_4617.jpg

シマノHPのコラム『山本太郎直伝 黒鯛流儀』ではチヌにもテリトリー意識!?として、

“摂餌のスイッチが切れていると思われるチヌは、前者とは明らかに動きが違い、何かに執着するかのようにその場をほとんど離れない。そして時折ピンポイントで他のチヌが寄ってこようものなら、猛然と追い払おうと執拗に攻撃するのだ。

「果たしてそれは仲間に対してだけか?」その真意は定かではないのだが、そんな状況下でチヌの鼻先にサシエを落としてみた。すると、何度かはサシエを無視していたのに、突如猛然とサシエの目の前まで来たり、ほんの一瞬くわえたりする事もあった。時にはサシエ自体にまるで体当たりするような行動も見せることもあったり・・・”
http://fishing.shimano.co.jp/isobohatei/taro_kurodai/06.html

時合外のショートバイトが、リアクションなのか攻撃なのかは不明ですが、チヌキビレの低水温期における摂餌スイッチが他の季節に比べてON/OFFはっきりしている事は確かです。

バイトを引き出せているという事は、大外しではないはず。

シンカー重量、ワームサイズ・比重、フックサイズ・形状etc
…リグや、タックルバランス、アプローチ方法の見直しでショートバイトを絡め取る事は出来ないか?

試行錯誤は続きます。
関連記事

2 Comments

ジョニー出っ歯  

1

お疲れ様です。


うちが釣っている獲物は結構な確率リアクションが多いです。

それは前打ちだけではなく、ヘチ釣りでも結構リアクションによる掛けは多いですよ。

下手したら半々ぐらいの確率と言っても過言ではありません。

ヘチで結構多いのが『キス・リフティング』と呼んでいるバイトがあります。

餌の落下と共に『コ、コ、コ…』と当たり続けるものです。

一度興味半分で澄んだ潮の中を覗いたときに明らかに口ではなく鼻からコメカミにかけての場所で突いていました。

喰う気があれば吸い込めば簡単なのに、あえてそういう行動をされます。

単なる餌の喰い方が下手ではないのか?と言われればそれまでなんですが、何せ頭突きで遊ぶんです。

そういった当たりのある場所は高確率で目に掛かったり、頬や胸真ん中等に掛かる時が多いです。

小さい当たりが落ちながらある時(なかなか2,3番目のガイドまでトルクが掛からない時)はこの行動を疑っています。

喰う気ある奴は口の中吸ったり(すぐにトルクが掛かりガイドに現れる)、餌が喰いやすい位置まで着いていき、最後に吸い込んだりします。


チヌは相手が単体だと滅法喧嘩は強いです。

しかし、対キビレーの様に相手が複数若しくは、相手の身体がギラギラ光る獲物、気性の荒い獲物の群れ(タチウオ等)の時は凄く弱く散ってしまいます。


ベイトリールの釣り良いですね。

何か他の釣りにも応用できないか妄想中です。

お見事な釣果です。


2017/01/13 (Fri) 21:55 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

ジョニー出っ歯さん

へぇー。頭突きですか!
餌だと認識した上での攻撃か、ほんまに餌か?なんか胡散臭いな~?で確認しているのか?面白いですね。生きたカニを視認してそれなら、なかなか厳しいものがありますね。
貴重な情報ありがとうございます。

最近はバス以外の魚種用でも色々選択肢が増えてきてありがたいですね!

2017/01/15 (Sun) 17:27 | EDIT | REPLY |   

Add your comment