淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

もりぞー×ジョニー出っ歯

ジョニー出っ歯さんと一緒に春のキビレ場を打ち込んできました。
P603m0846.jpg
Rod : オリムピック ヌーボフィネッツァ762ML  Reel : シマノ アルデバラン50HG(夢屋BFSスプール)

しばし雑談を楽しんだ後、大まかな場所の説明をして実釣開始!
ルアーマンでも嫌がる10m/s近い北西風をものともせずに打ち込む姿をしばし観察…やはりただ者ではないです。

初場所という「探り」の部分も見受けられましたが、立ち位置、立ち姿勢、掛けからランディングまでの一連の動作全てが的確で唸らされました。これは次入ったらとんでもないだろうな…。

釣れない餌師の常套句 
「ルアーマンがバシャバシャ投げると場荒れして釣れん」 

「そんなわけあるか!下手なだけや…」
と内心毒づいていましたが、実際そんな事無いのを目の当たりに出来て良かったです。

僕もシレッと打って10枚引き出しました。
P903m0854.jpg


これはジョニー出っ歯さんの釣果。
Pjd0858.jpg

前打ちの歴史はルアーよりも古く、多くの先人が洗練して今に至っています。

餌なんだから適当にぶっ込んでおいたら釣れると言うのはルアー至上主義者の偏見。
やはり、それなりの数を引き出すにはやはり洗練されたアプローチが必要なのだと明るい時間帯に釣りを見ると良く判ります。

まぁ、僕もルアーやフライといった疑似餌しかやりませんが、上手い人の釣りを見ると感じるモノも多いです。
ルアーと餌は違うと鼻から決めつけるのではなく、違いと類似点を理解した上で、自分の釣りに落とし込んでいけたらもっと釣れるようになると思った釣行でした。

バイクレースも同じです。タイムを縮めるという目的は同じでも、人それぞれの適正によってアプローチが異なります。
加速側なのか減速側なのか、自分の持って生まれた適正はどこにあるのか長所を見極め、自覚した上で先鋭化していくのが速くなる為に最も効率の良い手段。短所の克服を最初にやると確実に遠回りとなります。速くなるのに近道はありませんが、わざわざ遠回りする必要はありません。

長所を突き詰め先鋭化し頭打ちしてきた時が、短所に向き合う時です。
短所に向き合い全体をベースアップしたらまた長所を先鋭化する新たな手法が見つかります。
上に行けば行くほど、重箱の隅をつつくような作業になりますが、人よりも速くなりたいという行為は、深く自分を見つめつつ他者と相対する事と同義です。

僕にとって釣りは完全に趣味なので、使う道具に制約はなく、自由に釣果を追求できます。
会社経営上、利益優先する為の妥協も、営業成績をよく見せる為の嘘・誇張も全く必要ないものです。

同じ道具、同じスタイルだけ真似ても、よくよく自分を知らなければただの猿まねで終わります。
僕にとって釣りは競争や自己顕示の手段ではないので、必要ないと言えば無いのですが、自分を他の視点から客観視することも釣技向上には大切ですね。

リグにしてもそうです。リグとはそもそも、釣り場の条件や使うタックルのトータルバランス、対象魚の性質を理解した上で合理的に導き出して効率化していくもので、これが良いよと人に言われて使っても本質が理解できなければ同じ釣果は得られません。

自分の釣り場の条件から自発的に導き出した最適なリグがネガ○リノタテならいいのですが、単に有名プロが使っているから自分も使うではその人並みか、それ以下の釣果で終わりです。ステップアップしたいのなら、ルアーや竿から場や条件を選ぶのではなく、自分の場や条件を深く理解して、最適なルアーや竿を導きだすよう心掛けるのが良いでしょうね。

1・2
P103m0835.jpg P203m0839.jpg
3・4
P303m0841.jpg P403m0842.jpg
5・6
P503m0843.jpg P603m0846.jpg
7・8
P703m0848.jpg P803m0850.jpg
9・10
P903m0854.jpg P1003m0855.jpg

関連記事

4 Comments

KEIJI  

相変わらずの釣果ですね~自分は全然でしたが( ̄0 ̄)
あそこで振り返るといつもロッド曲げてるもんなぁ~(笑)
レクチャーしてよぉ~(T_T)

2017/03/17 (Fri) 12:06 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

KEIJIさん

おかげさまでよく釣れています!
いや~、試行錯誤が楽しいんですよ!コツをつかめばボコボコです。

2017/03/19 (Sun) 21:35 | EDIT | REPLY |   

ジョニー出っ歯  

1

お疲れ様です。

オモロカッタ釣行でしたね~♪

前打ちモードバリバリで打ちに集中しましたからね。

前打ちでもあの場は非常に獲り易かった印象があります。

最後はあそこで連荘で掛けまくるとは思いもよりませんでしたよ。

うちはハナから前打ちロッドにルアー付けて打った時どういう攻め方すれば獲物を獲れるかを妄想しながら餌打ちしていました(笑)

普通の打ち方で、あの餌の付け方を無しにしてカニ主導権で打ったらどうなるか…

たぶん多くて2枚で終わったでしょう。

やはりデイはしっかり動かしてからの当たりが吉ですね。

ありがとうございましたm(_ _)m

2017/03/22 (Wed) 20:22 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

1

ジョニー出っ歯さん

あれだけ楽しんで頂けたら、案内した甲斐があったというものです。
並んで釣ることで、ルアーの効率良い点悪い点、エサの効率良い点悪い点が見えてきました。
これが落とし込みとなるとまた違うかとは思いますが。今夏はルアーでの落とし込み系もやってみたいと思います。

2017/04/04 (Tue) 01:14 | EDIT | REPLY |   

Add your comment