淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

16メタニウムMGL XGとKTFバーサタイルフィネススプール

メタニウムMGLの試投に行ってきました。
P303f0903.jpg
Rod : オリムピック ヌーボフィネッツァ762ML  Reel : シマノ メタニウムMGL XG(KTFバーサタイルフィネススプール)

アルデバランをメンテ中なので16メタニウムMGL XGを試してみました。
元々、シーバス用にと買ったのですが、アルデバランHGのハンドル一回転あたり最大巻き上げ長74cmというローギアっぷりに嫌気が差した(16メタニウムMGL XGは91cm)のと、春夏はオープンエリアの遠投が必須になってくる為、KTFバーサタイルフィネススプールを購入し、チニングでも試す事にしました。

ロッド   ヌーボフィネッツァ762ML
スプール KTFバーサタイルフィネススプール
ライン   PE DUELアーマードF+0.6号 100m
ウェイト  シンカー単体重量で2.6g 3.5g 5.3g 7g 10g(ワームを足した総重量は+1.5~2g)

KTFバーサタイルフィネススプールを使い、ブレーキブロック1個ONで外部ダイヤル4~5といった感じです。
2.6gになるとアルデバランHG(+夢屋BFSスプール)が快適ですが、逆に7g・10gの快適性はメタニウムMGL(+KTFバーサタイルフィネススプール)に軍配が上がる感じですね。

 アルデバランより重くなるが高剛性で快適。遠距離の釣りに最適か 

外部ダイヤルだけで調整が効き、異音も無く、飛距離も出る・・・。
SVSインフィニティ・ブレーキはとても優秀なブレーキシステムですね。

アルデバランの135gに比べると175gと重いですが、高剛性で全体的にカチッとしていますし、ロッドバランスが崩れる事もなし。(重いと言っても175gはヴァンキッシュのC2500HGSと同じ重さですけどね)

巻き上げ91cmも快適で、ラインスラックの出る遠距離戦では活躍が期待できるリールです。
(あくまでチニングの標準的なリグ重量を使っての遠距離戦ね) 

Pmgl0909.jpg

 夢屋純正シャロースプールがない 

ちなみに、13メタニウムには、15アルデバラン同様にオプションで夢屋製のシャロースプールが用意されていました。
実はこの純正BFSスプールはベイトチニングをするにあたって非常~に重宝する存在。

ポン付けするだけで、純正スプールだと軽すぎて扱いにくく、ガチのベイトフィネスリールだと重すぎて扱いにくい5~10g程度のライトリグが非常に扱いやすい超優秀な「軽量オールマイティーリール」に変身するのです。

が、残念な事に16メタには現時点で深溝スプールしかラインナップされていません。

 社外品の問題点とハードル 

純正オプションが無いなら、社外品のスプールを使えばよいのでは?となります。
そこで、KTFからリリースされているバーサタイルフィネススプールを導入してチニングに使えるようにしました。

が、問題は「SVSブレーキユニット」が別売りされていない事。
つまり、ブレーキを単体で入手できないため、純正スプールからSVSを移植して使わなければならないのです。

この移植はサッと外してパッと取り付ける事が困難な為、純正スプールをシーバス用、シャロースプールをキビレ用にと使い分けるという利用法が難しくなります。

裏技として16スコーピオンなど安いモデルのスプール単体を買って、ブレーキユニットを移植するという方法はありますが・・・。
コスト高になるのと、手間が掛かるのは否めないところです。

スペアスプールを持つとなれば更にハードルが上がります・・・。
純正販売してくれると良いのですがね。


クルマ横付け、フカセ師に混じってチョイ投げのつもりでしたが、ちゃっかり釣果もでちゃいました(笑)

1・2
P103f0899.jpg P203f0901.jpg
3・4
P303f0903.jpg P403f0910.jpg
関連記事

2 Comments

ジョニー出っ歯  

お疲れ様です。

色々リール一つにしても色々なセッティングがあるんですね。

それをしっかりと踏まえて釣りに臨めば新たな喜びも疑問も出るんでしょう。

追及する心は釣りには大事だと思います。

サクッと釣果お見事です(^^)

2017/04/10 (Mon) 14:36 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

レーサー的な例えで申し訳ないですが、車両(道具)のセッティングをする上で大切なのは「自分の性能をフルに引き出す為のセッティング」って意識を持つことです。
「車両の性能を引き出したり、向上させたり」を目的としたセッティングでは、所詮その車両の性能限界内でしか走れないんですよね。

自分(のタイムを出すスタイル)が(把握出来て)無い人には、セッティングってできないのです。

これ、釣りも同じですよ。

道具を使う競技・趣味なので、道具に目を向けがちですが、真に目を向けて向き合うべきは自分なのです。

自分(の数・サイズを釣るスタイル)が(把握出来て)無い人にはセッティングなんて無理ですね。
道具なりの釣りをすれば、その道具を作った人の想定内の釣りしかできないのです。

2017/04/16 (Sun) 12:45 | EDIT | REPLY |   

Add your comment