淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

高速リサイクラー2.0 & ICデプスチェッカー

ベイトリールにPEラインを巻くために必須のアイテム2種。
第一精工 高速リサイクラー2.0 & プロックス ICデプスチェッカー

■第一精工 高速リサイクラー2.0 
stG_5571.jpg
3ボールベアリング内蔵&高速3.5倍速ハンドルでスムーズ&スピーディなライン交換を実現。
単体スプールシャフトにすれば交換が楽。

前モデルとは比べものにならないくらい、ラインテンションを一定に保って巻ける。ベアリング効果。
前モデルはさっさと売って買い換えましょう。ベイトリールユーザーは特に。

一定のテンションを掛けて均一に巻くことで、実釣時のライントラブルが格段に減らすことが出来ます。
→下糸への食い込み防止。食い込んだ状態で投げると摩擦熱でラインにダメージを与える事になり、キャスト切れや合わせ切れに繋がります。

※注  PEラインをベイトリールに巻く際は必ずPEにシュッ!や水に浸けて潤滑させること。摩擦熱でラインにダメージが。


■プロックス ICデプスチェッカー 
stG_5579.jpg

糸巻き量の計測に便利なデジタル表示のカウンター。 ロッドクリップでロッドに挟み込むだけの簡単取付け。
1m単位の表示でかなり正確。

200m巻きを100mずつや、150m巻きを75mずつに分けて巻く際に重宝します。
5g以下が中心なら75m巻けば充分ですが、7g以上をぶん投げるなら100mは巻きましょう。

※注 PEラインを計測する際は絶対にテンションを掛けて巻かないこと。 ラインを痛めてしまいます。

僕のやり方は……

①ローラー部をPEにシュッ!で潤滑させた上で、テンションフリーで巻いて計測。(PEラインの摩耗防止)
②希望の数字でカットしたらデプスチェッカーを取り外し、ラインをスプールに巻き戻します。
③それから再度リールにラインを接続し、テンションを掛けて巻き取って完了。

細いPEラインは軽いのでフロロ・ナイロンに比べ、スプール回転に与える影響は小さいですが、欲張って多めに巻かない方が良いと思います。
ただし、糸巻きが少ないとハンドル1回転あたりの最大巻き上げ長がスペック表示よりも短くなってしまうので注意が必要。
そういった場合は、下巻きでかさ上げして調整します。下巻きも軽いPEが良いです。

※軽量なシャロースプールの場合、ラインを入れた総重量が軽ければ勝手に止まるので、初速のコントロールさえすればバックラしません。
飛距離が欲しければ多めに巻くかフロロで下巻き。ただし、回り続けようとするのでリスクは上がります。

stG_5584.jpg

あと……投げるリグの重さによりますが、0.6号以下の細いPEは下記ウエイトでのバックラ一発で致命傷になるので要注意。
3.5g以下ならまぁ大丈夫。5g以上のフルキャストで危険、7g以上ならまず確実にキャスト切れします。
細いPEでのバックラは解ける解けないの問題じゃなくて、キンクした際の摩擦でラインがダメージを受けるのが大問題なのです。

ダメージ大だとキャスト切れ(=即死)、ダメージ中でフッキングした際の合わせ切れに繋がります。

バックラッシュを回避し、キャスト切れと合わせ切れを回避するには、
適切なラインマネジメントと、使用リグウェイトに対し適切なスプールのチョイス、ベリー~バットへの荷重移動をスムーズに行ってくれるロッドのチョイス、そしてキャストスキルがベイトPEのキモです。

交換のスパンはラインの銘柄や号数、使用状況にもよります。

僕の場合、0.6号で5釣行前後で裏返して4釣行前後で交換て感じでしょうか。
トラブル回避には早いスパンで交換するのが一番なので、150m全部とか、200m全部巻くより半分ずつ巻く方がコスト的にもオススメ。

ちなみにソルトベイトフィネス界隈では太いラインもOKが通説ですが、真に受けない方が良いです。
太ければ太いほど風や潮流の影響を受けますし、スプール重量も増すので確実に飛距離が低下するので注意が必要。
チニングの場合はPEだと0.8号が無難でしょうか。
常に強風に晒される大阪湾の夏向きデイゲームだと0.6号が釣りやすいですけれど。
関連記事

2 Comments

ミツ  

ベイトPEでもラインの巻き量がライトリグだと
思ってる以上に重要ですよね。
巻けるからといって150m巻いた場合と
50m位では明らかに違いますもんね。

PEも0.6号以下とかの細番手だとバックラは
命取りになりますよね。根掛りで高切れ頻発するように
なってしまうので。
だけど少しでも飛ばしたい欲求から無理してバックラッシュ
と悪循環です。

2017/05/25 (Thu) 23:17 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

ミツさん

特に3.5g以下になると顕著ですよね。
ラインの撥水が失われると水含んだ分重くなるので全然飛ばなくなりますし。
その点、アーマードF+はかなり撥水性がよく風に強いので気に入っています。

2017/05/26 (Fri) 16:38 | EDIT | REPLY |   

Add your comment