淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

デイゲームのベイトタックル釣行

デイゲームのベイトタックル釣行
P505p1185.jpg
Rod : オリムピック ヌーボフィネッツァGNFC-762ML  Reel : ダイワ スティーズSV TW 1012SV-XH

スティーズSV TWを使ってフルキャストの釣りを楽しんできました。

小型が多かったですが、ヌーボフィネッツァをブチ曲げてくれる良いキビレも数枚。
P905pp1191.jpg

「メカニカルブレーキをゼロアジャスト」が謳い文句のスティーズSV TW。
やはりメカニカルをゼロでマグダイヤルを強めると後半失速してしまうので(ブレーキ力が回転に比例するので)、空気抵抗の小さいリグをオーバーヘッドでフルキャストする場合はメカニカルブレーキで立ち上がりの膨らみを制御して、マグダイヤルを極力弱めたほうが距離伸びますね。

飛距離優先なら、マグブレーキは4程度、リグの重さに応じてメカニカルブレーキを適度に締めるのが正解か。
クラッチオフでゼロアジャストだと、シャーッとラインが出るところを、スルスル~位に締める感じです。

ヤフー天気で6m/sの向かい風を受けつつ、7gメインで釣りを展開して13枚。
釣りになる距離飛んでますし、まぁまぁ悪くないと思います。

それにしても今のタックルは凄い。
シマノもダイワも0.6号のPE使ってノートラブル。数年前には届かなかった間合いの釣りが普通に成立しています。
投げる度に気を使っていたのが嘘みたいにストレスフリーです。

これで、ちゃんとボトムを探れて掛けられるロッドがあれば、スピニングの出番がなくなるかも。
キャストの容易さと、リグの操作性という相反する要素をどう解決するかがキモですが、チニングでも実用性でベイトを選択する時代がすぐそこに来ていると感じます。

1・2
P105p1175.jpg P205p1176.jpg
3・4
P305p1180.jpg P405p1183.jpg
5・6
P505p1185.jpg P605p1187.jpg
7・8
P705p1188.jpg P805p1189.jpg
9・10
P905p1190.jpg P1005p1192.jpg
11・12
P1105p1193.jpg P1205p1194.jpg
関連記事

2 Comments

ジョニー出っ歯  

お疲れ様です😁

着実にベイトチニングをモノにしていってますね。

季節も夏に向かって変化しつつあるからこれから目が離せなくなりつつあります。

良い水色してるのが画像から感じ取れます。

お見事な釣果です😁

2017/05/30 (Tue) 23:52 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

ジョニー出っ歯さん

4月丸々サボってましたが、今年の総合計355枚中、319枚がベイトタックルでの釣果です。
あとはやはりロッドですね!ヌーボフィネッツァ762MLは既存のロッドの中でダントツの釣獲力ですが、不満点もありますので。シルベラードベイトモデルが楽しみです。

2017/05/31 (Wed) 23:25 | EDIT | REPLY |   

Add your comment