淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

15アルデバラン

15アルデバランHG
Paldy1363.jpg

16アルデバランBFSのギアを移植してXG化しつつ、夢屋BFSスプールを導入したチニングスペシャルなアルデバラン。
爆風風表対応でのXG化なので、ヤフー天気で6m/s以下・夜間・風裏ならHGで充分です。
ラインはPE。アーマードF+0.6号を75m巻いてます。

3.5~5gをフルキャストする場所での出番が多いですが、7gや10gもトラブルレスで扱えるあたりはアルデバランBFSよりもオールラウンダーな性格ですね。でもって遠心らしいキャストフィールでBFSより良く飛びます。
(勿論、7g超のロングキャスト性能では34mmスプールには及びません)

09アルデバランとの比較ですが、軽く・コンパクトになったのでパーミングしやすく操作性が格段に向上。
SVSも外部ダイヤルで微調整が可能になったので、状況変化への対応力が上がっています。

135gは軽すぎるという意見もありますが、重いロッドに軽いリール乗せてバランス云々なんて話自体がナンセンス。
(重い竿の重心を手元に調整するには必然的に重いウェイトが必要)
今時の軽いロッドであれば、軽いリールでバランス取れるし、操作性も向上するので理に適っていると僕は思います。

P905aa1360.jpg

テキサスで色々ワーム試して10枚。

5月は10釣行96枚。 ハイシーズンINなのにショボイと言われそうですが、か、数狙いじゃないので…
2017年の合計は355枚で、うちベイトタックルでの釣果は319枚。4月丸々サボっていたのでまぁこんなものでしょう。

ベイトで細いPEは扱えないとか、ベイトでのチニングはスタイル優先とか、完全に過去の話ですね。

1・2
P105a1336.jpg P205a1339.jpg
3・4
P305a1340.jpg P405a1353.jpg
5・6
P505a1354.jpg P605a1355.jpg
7・8
P705a1356.jpg P805a1357.jpg
9・10
P905a1358.jpg P1005a1361.jpg
関連記事

0 Comments

Add your comment