淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

レジットデザイン ワイルドサイド WSC67L+ Bait Finesse

レジットデザイン ワイルドサイド WSC67L+ Bait Finesse
608eeG_6621.jpg
Reel : シマノ アルデバランBFS XG

ライトテキサスを使用したヘチ・前打ちでテスト。

◆良い所
①綺麗にティップからリールまで荷重移動するのでフッキングはしっかり決まる。
②綺麗に曲がるので、硬さの割に魚が暴れずコントロールしやすい。

◆微妙な所
①基本的にフリーフォールだし、ロッドでバイトを弾く事はないのですが、適応リグウェイトの下限が3.5gと表記されているだけあって、下限以下のリグをひたすらピッチングで打っていくにはもう少し柔らかいティップが良いな。※レジットデザインなら64Lが良いんだろうけれど、前に打つにはちょっと短いかなぁ。
②小径ガイドなので、3号リーダーで2.6g以下のリグを打つとノットが少し引っかかる感じ。

208eeG_6600.jpg

ちょっとダルイけれど、しっかり曲がってトルクフルなのが良い。
ルアーヘチで使える竿ですが、操作性や使用感的にちょっと違うかな。

高弾性・高感度、軽量でシャープ【だけど】曲がらない竿に対するカウンターとして、(良く曲がってトルクフルな)この竿を選ぶ価値はあると思います。
関連記事

0 Comments

Add your comment