淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

エバーグリーン ソルティーセンセーションPSSC-70S マルチポテンシャル

エバーグリーン ソルティーセンセーションPSSC-70S マルチポテンシャル
708oG_6653.jpg
Rod :エバーグリーン ソルティーセンセーションPSSC-70S マルチポテンシャル   Reel : シマノ アルデバランBFS XG

ヘチでの落とし込み用にテスト。
ライン…アーマードF+0.6号  リーダー…2.5号(10lb) フック…デコイkgフック#3 シンカー…2.6g
908oooG_6658.jpg

15枚キャッチするも、ボコボコに10枚以上、掛け損ない&バラし。
908ooG_6665.jpg

特にテンションフリーで落とし込んでいる時、ラインスラックが多く出た状態でフォール中に得たバイトに対する掛け損ないが顕著。
多くは針先がピッっと曲がったバレ方。柔らかすぎてハリを立てられていない感じです。

ラインスラックをほとんど出さない状態…ロッドで感じる事の出来るバイトは大体掛けられましたが、ロッドに出ないバイト=ライン変化で掛ける系は厳しかったです。

原因は2つで、①基本的にブランクス自体がライトスペック ②ガイドが少ない と思われます。
ソルセン
ベリーセクションとバットセクションに1個ずつガイド追加すればブランクス本来のポテンシャルを引き出せるのではと感じましたが、恐らくこの竿は、もっと軽くて繊細なリグを扱うためのセッティングなのだと思います。

なので、ラインスラックが出た状態から#3や#2のオフセットフックをキビレの口腔に立てるに際し、バス用ベイトフィネス的なパワーはハナから求めていないのでしょう。てか、メインターゲットがチヌ・キビレではないでしょうね。アジ・メバルかな?

キャストに関してはハードソリッドティップがかなり良い仕事していて、とてもピッチングしやすいです。
とにかくアンダーハンドでのキャストが楽で壁ギリギリにスパスパ入れていけます。

ただし、適正ライン範囲がPE0.3~0.6号(FC3~6lb)というマイクロガイドセッティングなので、PE0.6に3号(12lb)だとノットの抜けが悪いです。途中から2.5号(10lb)に落として釣りましたがそれでも微妙に引っかかりますね。

こんなカバーを打つに際し、このロッドだと躊躇してしまうのが正直な所です。
cvG_6641.jpg

メバル用のライトリグ・細軸フックを使って狙う、SLK(スーパーライトキビレ)的な釣りならベストマッチかとも思いますが、僕の釣りにはちょっとライトかな。
508oooG_6649.jpg

一口に『ベイトフィネス』と言ってもアングラーによって考え方は違うので、メインの対象魚、使用するフィールド条件、使用するウエイト幅やフックの太さでセッティングに違いが出ます。

僕のルアーヘチ・前打ちでの理想は、標準的なチニングのリグ(ウエイト的に3g前後/#3or#2のフック/3号12lb)を基準に扱えて、複雑なカバーに臆せずリグを投入出来るロッドです。

エバーグリーンで言えば、スパークショットHCSC-60UL/MST の70バージョンが出たらヘチ・前打ちにバッチリかも知れません。
関連記事

0 Comments

Add your comment