淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

トップチニング11発!!

トップチニングでDEMAKURI11発!
P109z2119.jpg
Rod : オリムピック ヌーボフィネッツァGNFC-762ML  Reel : ダイワ スティーズSV TW 1012SV-XH

ベイトタックルで1000枚達成の翌日は淀川へ。

ボトムで全くノー感じで、あ…浮いてるんじゃ?っとトップに変えたらスーパーボッコボコ!
4~6枚目は3投3連続キャッチ、7~8枚目は間に2投はさんで2キャッチ、9~10枚目は2投2連続キャッチとフィーバー状態。

1~3枚目は廃盤の小さなペンシル、4~11枚目はポッパー。
物理的に届かない距離や広く探るならデカイペンシル一択ですが、届く範囲なら乗りやすいサイズが良いですね。
サイズの割に魚を呼ぶ力も強いですし。

出たり出なかったりで条件の絞りにくいトップチニングですが、上手く条件が合うとトップでも2桁獲れるんだなと今回で確信しました。
釣れるタイミング+釣れるルアー(アクション)+ノンプレッシャー=数投でヒットからの連発パターンはボトムもトップも同じですね。 
トップチニングの自己ベスト更新!最高のトップ日和でした!

P609zz2127.jpg

※追記 トップバトラーでこの時の連発動画見て貰いました~。
Pgopro52150.jpg


1・2
P109z2119.jpg P209z2121.jpg
3・4
P309z2122.jpg P409z2123.jpg
5・6
P509z2126.jpg P609z2129.jpg
7・8
P709z2130.jpg P809z2131.jpg
9・10
P909z2132.jpg P1009z2133.jpg
11
P1109z2141.jpg
関連記事

2 Comments

ジョニー出っ歯  

お疲れ様です。

この記事を読んでいてふと気づいたのが餌と似ていると感じました。

カラスから餌替わりするときとか、ゼンボで急に当たりだしたという時に状況が似ています。

今の水辺の中はある病気が蔓延しだします。

それは『回転病』。

イワシが水面クルクル回っているのを見かけたことありませんか?

あれがそれです。

イワシだけでなく汽水の生物にもこの病気は発症することが確認できています。

なんだかこれが深く関連しているとうちは妄想しているんですが…

獲物って頭良くてこの時期になるとこういった状況が出るという事を理解しているんじゃないかと思うくらい狙って喰らいに来ます。

この事については後ほどラインでやり取りしましょう。

それにしてもお見事な釣果です。

2017/09/06 (Wed) 20:57 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

ジョニー出っ歯さん

回転病の話は興味深いですね。何らかの原因で浮き袋の調整が出来なくなったとかそんな感じかなって思って居ましたが。

トップに出る事に関しては、この時期限定で無く大阪湾では4月以降11月位までなら出るので特定のベイトをって話では無いとは思います。
ただまぁ、この釣行のように、ボッコボコに出まくる時は特定の気象条件が場に成立している時と見て間違いないです。
そこで、出たバイトをキャッチに持ち込めるかどうかは確実に咥えさせる為のタックルバランスと、テクニックの問題ですね。

僕の場合、出る出ないは条件による所が大きいので出す為のテクニックよりも、咥えさせてキャッチ率を上げる為のテクニックを重視しています。まぁ、要はボトムやドリフトの釣りと同じで、ラインスラックをどうコントロールするかですよね。

ラインお待ちしています!

2017/09/06 (Wed) 23:52 | EDIT | REPLY |   

Add your comment