淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

ベイトタックルonlyで1100枚突破

晩秋の護岸エリアで10枚キャッチ。
111mG_7116.jpg
Rod : オリムピック ヴィットーリア GVTC-69ML  Reel : シマノ アルデバランBFS XG

良いキビレ&良いチヌ出ました。
411mG_7121.jpg

コンディション良くなってきてよく引くので楽しいですね。

自分的、大阪湾の晩秋キビレ事情ですが、

① 「産卵で落ちて春まで釣れない」  が、
② 「秋も釣れるやん」  となり、
③ 「釣れるけど5枚釣れたら上々」  でしばらく認識が止まってましたが、 今年遂に
④ 「普通に2桁釣れるやん」 にアップデートされました。

自分を含む「釣り人の間で作り出された」常識や固定観念にどれほどの価値があるのか。

釣りを「アウトドアスポーツ」と定義した場合「頭のスポーツ」にカテゴライズされます。
身体機能依存の「体のスポーツ」ではないですから。

ならば、「思考」「視点」をどこに置くかが何よりも大切。

これを意識しないまま、反復練習かのようにただひたすら釣ってたって駄目。

日々の反復では「経験値」は貯まるけれどロールプレイングゲームと違い、現実で自動レベルアップはありません。
「思考」「視点」を変えることで、今まで見えなかったものが見えるようになり、その時はじめて「経験値」が生きて 「レベルアップ」に繋がるんだと思います。

反復で身につく「経験値」と「技術」は釣果を下支えする財産であると同時に「固定観念」を作り出す厄介な物でもあります。

バイクでも釣りでもそうですが、上達への道って「階段状」なのです。
自動レベルアップは無いので「思考」「視点」を変えてその時々の課題に「気付か」ないと、上へのレベルアップ・ステップアップは無く、自縄自縛の「固定観念」に囚われて、横にフラットな状況が延々と続くのです。


ベイトタックルで1100枚突破しました。  
キビレ・チヌ年間トータル98釣行1141枚  ベイトタックルのみ90釣行1101枚  11月8釣行82枚(平均10.25) 

1・2
111mG_7116.jpg 211mG_7118.jpg
3・4
311mG_7119.jpg 411mG_7121.jpg
5・6
511mG_7123.jpg 611mG_7126.jpg
7・8
711mG_7127.jpg 811mG_7128.jpg
9・10
911mG_7131.jpg 1011mG_7133.jpg

関連記事

4 Comments

ジョニー出っ歯  

お疲れ様です。

この記事を見ていて読めていたことと楽しみな事が色々見てとれました。

1100枚まではモリゾーさんの腕とひらめきなら何とでもなる数字だという事は冬の時点で気が付いていました。

どれだけ釣りの固定概念を捨てて自分の釣りを確立させるかにこの面白さはあると思っています。

だからうちも新たなエリアでどんどん自分を追い込もうと開拓三昧です。

でも、いまだに獲物に驚かされることが多くて、獲物に対しては感謝するばかりです。

うちもキビレの動向に着いてはこのブログを見ながらこちらのパターンで色々妄想はしています(笑)

どうしても周りの話に耳を傾けてしまいがちになりますが、自分の釣りさえ持っていればその状況は必ず打破できます。

毎度ながらいい記事でしたよ。

これだから釣りは止められんね~♪

2017/11/30 (Thu) 20:09 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

ジョニー出っ歯さん

あと1ヶ月で1200枚まで行くかどうかって所ですね。

目下の興味は、初冬~厳寒期の動向をより深く理解することでしょうか。
12&1月は1釣行2桁釣った事無いので。
12月前半は間違いなく可能で、未知数なのはそこから先ですね。

1釣行2桁ってまず偶然では釣れないと思っています。例え1釣行24時間だとしても。
的確に場を見る目と適切なアプローチが可能なスキルが無いと厳しいでしょう。

いずれにせよ獲物に感謝は間違いないです。良くも悪くも、キチンと答えを返してくれますからね!

2017/12/02 (Sat) 00:46 | EDIT | REPLY |   

りょう@淀川鱸  

こんにちは

哲学・悟りですね。キビレ道を極めて行き着いた感がでてます。凄い。
行き着いたではなく、現在進行中かな。
ま、確かに完全にパターン化・定型化されてしまったら、
この遊びは面白くもなんともないでしょうね。
発見があるから楽しいし、明日も試してみようと思うのでしょうね。
それにしても凄いわ。

2017/12/07 (Thu) 22:31 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

りょうさん

自然観察とは良く言ったもので…
対象魚とその自然環境を取りまく、原理原則や普遍性を知りたい肌で感じたいというのがありますね。

釣りは趣味ですし、釣果の不確実性を楽しむゆとりがあって良いとは思うのですが、野生生物の原理原則は「最小限のカロリー消費で最大限のカロリー摂取」という効率優先の合理的思考だと自分は感じるので、彼らに合わせると必然的に合理的思考になってしまいますね。

不確実性を「楽しむ」と言うのがどうも人間上位の思考を持ち込んでいるように思えて苦手ってのもあります。
人間社会においては人>>>魚ですが、竿を持って自然界に足を踏み入れるに際しては対等でありたいと思っています。

彼らにしてみれば、はた迷惑で歪んだ愛情です。

2017/12/08 (Fri) 00:18 | EDIT | REPLY |   

Add your comment