淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

コーヒー色の

いや~~、、凄い増水!  勿論ポイント貸し切りでした(笑)

0714.jpg 今日の大阪リバー。昼の干潮は11㎝のハズでしたが、、、どう見ても150cm以上はあります。
まぁ、ウチの町でも130ミリほどの豪雨だったんで当たり前ちゃぁ、当たり前なんですけど。。。

干潮時間に行ったのに満潮レベルの水位で、YPSは釣りにならず。

仕方ないので移動して満潮時に良いポイントに入りました。
入ったポイントもまぁ、凄い量のゴミが上流から流れてきており、釣りにならないような状況でしたが、
増水時のテッパンといいますか、流心から外れたヨレの部分に入れると、、ゴンッ!

久々に良いサイズ♪

1_0705.jpg

こいつはダウンで入れて岸と平行になった瞬間って感じだったんですが、
岸際3mくらいのドシャローだったせいか、フッキングした途端、ドッパ~~~ン!!っと水面を割って大ジャンプ。
ターポンばりの跳躍で、一瞬何が掛かったのかと思いました(笑)

この1匹で、釣れるやん♪ ってなったんですが、
船着き場の人がゴミ除去のために入水してザパザパしだしたせいか、その後はノーバイト。

仕方がないので、また移動して別のポイントに。

ここも流心から離れたシャローポイント。
さっきと同じように、流れが巻いてシャローにさしてくる場所にドリフトさせて送り込んだらゴンッ!

2_0709.jpg

サイズは落ちましたが、これもドシャローだったためか?大ジャンプで楽しませてくれました。

で、更にもう一匹掛けたんですが、
 ↓ な感じで流れてくるゴミに引っかけつつ、無理くり寄せてきたらポロッとオートリリース(T▽T)

0712.jpg

こういう時、バーブレスは弱いです(>_<)!

とりあえず、どちゃ濁りの爆裂増水でも釣れるには釣れましたが、非効率ですね~。 

似たポイントに魚が溜まって連発するかと思ったんですが、反応はイマイチでした。
濁り・増水より、水温の急激な低下が影響してる気が。

後はアタリがドリフト&フォール中。ボトムを切ってるタイミングばかりでした。
流れてくるベイトを喰ってるのかな??っと。特殊な条件は釣れ方も特殊…。ってことなんですかね~。

大雨後は過去何度も良い思いしてますが、絶賛降雨・増水中は爆釣とは行きませんでした~。
そりゃまぁ、そうなんですけどね。

しばらく大人しくしておきます(笑)




*念のため追記  

大雨後の河川は増水して流れも速く危険です。
現場はともかく上流で大雨、鉄砲水的な事も考えられるのでライジャケと防水携帯は必須で。
っていうか、釣行はほどほどに。。。
関連記事

7 Comments

よっちゃん  

でかいのが釣りたい。

ではでかいのが釣れた時はなぜ釣ってしまったのでしょう?

そこにヒントがあるような気がしますよね。

しかしこの条件で釣行、しかも釣るか?

増水が落ち着いてきたら爆やな!

2010/07/15 (Thu) 06:29 | EDIT | REPLY |   

よっちゃん  

暇なもんで・・・

チビレゾーンはエビが多いです。水門近くのテトラのを夜に覗いて
見ましょう!うじゃうじゃいて、捕まえたくなります。
でも小さいです。

じゃああのポイントはというと・・・カニが多いですよね。

じゃあカニカニエリアは、どんなとこかといいうと、シャローで葦・・

カニはエビに比べてボリュームがありますね。

ちなみに葦は小魚のゆりかご・・から出なしゃあない時間・・・

そんな時間は、シャローに非難・・でも小さいから流される・・・

流されて集まる・・・流芯・・・。

そこに待機できる障害物があって、陣どって、縄張り張れる奴・・

でかい奴・・・

あそこのようなピンポイント・・・開拓ですな。

秋のシーバスのためにもです。

またご一緒しましょう!

2010/07/15 (Thu) 06:44 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

よっちゃんさん

アツいコメントありがとうございます~!
さすが、シーバスアングラーは洞察力が鋭いですね。

サイズ狙いには二種類あって、

1 最大魚が釣れるタイミングを読んで釣行する
2 その日その場所での最大魚を引っ張り出す方法を模索する

だと思うんですが、

『居場所を探すスキル』と『居る魚を釣るスキル』この二つを磨けば怖いモノ無しですね。
特に『居場所を探すスキル』は鱸釣りにおいて必須ですやね。

最近はタイミング良く入れない日々が続いているので、
ゴロタで2の練習してますが、これまたさっぱりです。


スズキに比べて回遊性の低いキビレですが、
潮位によって明らかに着き場が変わりますよね。。。

タイミングと言えば、あそこはやはり夜の干潮が最強?

エビとカニカニの話は全く意識してませんでしたが、言われてみれば確かにそうですね。
勉強になります!

2010/07/15 (Thu) 21:06 | EDIT | REPLY |   

よっちゃん  

こんばんわ!!さらに、

言われてみれば確かに・・・言い換えれば、釣れてみれば確かに・・
です!!!

鱸君の場合、おいらはまだまだ修行中で、坊主もよくやります。

で、たまに釣れます。それからがグーグルみたり、いろいろします。

なんで釣れたの??ばかり考えます。

で、いつも共通するのは、やっぱりベイトです。

単純にベイトの居場所知るほうが、単純に結果に繋がる気がします。

バス釣りでトップするのも、上に反応する時期は上にベイト。

ショアジギしても、イカ、イワシが回ってるから、ハマチが釣れる。

寒いといないカニカニエリア・・・。

5月ぐらいからデイで釣ってましたよね?カニはもういたのでしょうか?

それはモリゾーさんのみぞ知る・・・ですな。

キビレ・・カニおらんとき何食ってるんでしょ?うーんわからん!

寒いと海に落ちる?産卵時期は?越冬は海?川?

知らん事だらけですな。

おいらはまたでかいのを期待して土曜日にデイで出撃します。

あ、inokiさんも一緒ですよ。

2010/07/15 (Thu) 23:48 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

ありゃ、、そういえば、、
カニが出だしたのって5月末くらいだったような??
ていうか、あのカニって水中活動するタイプでしたっけ??

最初、僕はシジミがメインと普通に思ってましたが…。
以前釣ったキビレがシーバス幼魚吐いたこともありましたね。

シャコやボケは居ませんし、
シーズン中安定して生息してるのはシジミと、ハゼ等の小魚。

う~~ん、、メインベイトはなんでしょう?。
あ、テトラ地帯には手の長いエビさんがいっぱいいます。

一度調理して、お腹を確認してみて下さい(笑)

産卵時期は秋(チヌは春)。場所は海。
8月盆過ぎから河川内で釣れなくなるのはそういった理由です。

産卵のために海に落ちて、越冬は南港あたりの深場。
川にはGW前後から入って来ると言われており、
秋~春は河川内で釣果を聞きません。

淀川鱸のりょうさんが、『鱸とキビレ入れ替わり』
と書いてらっしゃいましたが、おそらくその通りかと。

土曜なら放水も一段落して良い感じかもですね。
僕も、行けるようなら?? 連絡しま~~す!

2010/07/16 (Fri) 16:32 | EDIT | REPLY |   

よっちゃん  

おー、キビレの生態殆ど知らなかったが勉強になるなー。

以前テレビで淀川干潟でシャコ取りに燃えてるおじさんがでてた。

シャコはいるみたいですよ。

南港でバリッドでキビレ釣るパターンはそういうことやったんか。

淀川はカレイやヒラメの稚魚も、シーバスの稚魚も、稚鮎もいる。

意外に生命感の強い河なのがいいですね。

11月始めの超ド干潮の潮位マイナスがきます。

今からすんごい楽しみです。

ま、キビレのように鱸も釣れるといいですね。

河口に鱸がさしてくると、結構興奮しますよ。

時合いもありますが、いっきに釣れだします。

ま、群れでさしてくるのですが、ちょっと自然感じる瞬間がいいです。

あと少し、キビレを堪能しましょう!!

2010/07/17 (Sat) 00:51 | EDIT | REPLY |   

もりぞー  

先日はお疲れ様でした~~。
いやぁ、、梅雨明けしてから毎日暑い!

シャコ居るんですね~。それっぽい巣穴がないから居ないと思ってました。
人造河川なのに魚種豊富ですね。

キビレみたく…は望みませんが、デカイの一発釣りたいですね!
もうしばらくはキビレ狙いでいきましょう~~。

2010/07/20 (Tue) 16:15 | EDIT | REPLY |   

Add your comment