淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

フィッシングショー大阪 2018

今年も行って来ました。フィッシングショー大阪 2018
27072338_1768943113150927_4727250351497854727_n.jpg
(画像はオリムピックオフィシャルから拝借)

お目当てはオリムピックのチニング専用ロッド、シルベラードベイトキャスティングモデル"GSIC-762ML"

断言します。 買いです!

現在僕のメインロッド、ヌーボフィネッツァGNFC-762MLの正常進化パワーアップ版といった具合で、キャスト・フッキング・ファイトと全ての面でストレスフリーに釣りが出来る竿だと確信。

よくある

「とりあえずベイトモデルラインナップに入れておこうか。よくわからんけど」

といった類の竿では無く、チニングが好きで、ベイトキャスティングを理解した人間が携わった竿ですわ。
地元淀川で開発しただけあって、大河川のオープンエリアでも自信を持って使える仕様ですね。


そして、スピニングの追加モデル"GSIS-742LML-HS"ですが、これも良い!

メーカー問わず既存のチニング用ハードソリッドモデルは、ハリこそあれ、どこまでも曲がり込んで「掛けしろ」のないものばかりでしたが、このモデルにはベリーに明確な「掛けしろ」があります。
ライトなのにシルベラード"らしい"、風表で使える力強さを内包しており、食い込み・操作性・掛けのバランスを高次元で纏めている竿に感じました。
既存の782M・742MLだと「強すぎる」と感じていた人にはジャストフィットでしょうね。

あと、、みやたんさん曰く、南紀のカマスプラッギングにもジャストフィットらしいです。

国産ブランクスメーカーの"本気"を垣間見ました。

勿論、帰って速攻で予約。4月発売が本当に楽しみです!

関連記事

0 Comments

Add your comment