淀川キビレマニアックス

淀川キビレマニアックス

シルベラードGSIS-742LML-HS シェイクダウン釣行

シルベラードGSIS-742LML-HS シェイクダウン釣行でキビレ19枚!
P1604o1386.jpg
Rod : オリムピック シルベラードGSIS-742LML-HS  Reel : シマノ '18 ステラC3000MHG

オリムピックのチニング専用ロッド、シルベラード追加機種のもう1本、ハードソリッドティップスピニング「シルベラードGSIS-742LML-HS」
コイツもベイトと同時に買ったので早速使ってきました。

742ML、782M、762MLは強風や急流、ロングレンジ等、条件を選ばず快適に釣りが出来る味付けがなされているため、フィネスな釣りを好む方にはハリが強いと評される事も。

そんな隙間を埋めてあらゆるシーンに完全対応させるべく新登場したのがハードソリッドティップ搭載のこのモデル。

ソリッドティップと言えば「食い込みの良さ」や「柔らかく繊細」なイメージが先行しがちですが、ボトムゲームでは根掛かりのリスクが増える・ダイレクトな操作性が損なわれるなど、その特性がデメリットになることも。

ソリッドモデルと言えばズル引き専用的な「どこまでも曲がり込む乗せ調子」が多いですが、シルベラードらしい「根掛かりを回避できるハリと操作性」を担保。バイトを絡め取り、バラシを防止する復元力を抑えたティップと、ベリーで掛けるアクションが見事に融合したスペシャルな1本です。

バレットシンカー(5.3g)にリトルスパイダー3(1.1g)のトータル6.4gのテキサスリグをメインに釣りを組み立ててみましたが、ビックリするくらい扱いやすかったです。

特に夜間など穏やかな場面、2.6gや3.5g、5.3gを多用する人、ズル引きの釣りにドンピシャ。
僕的には冬キビレに使いたい1本ですね。

ロッドの調子を確かめながら淡々と掛けまくって19枚キャッチ!

4月も100枚突破しました。8釣行114枚(年間43釣行579枚)

1・2
P104o1345.jpg P204o1346.jpg
3・4
P304o1348.jpg P404o1351.jpg
5・6
P504o1353.jpg P604o1362.jpg
7・8
P704o1365.jpg P804o1366.jpg
9・10
P904o1367.jpg P1004o1371.jpg
11・12
P1104o1372.jpg P1204o1373.jpg
13・14
P1304o1374.jpg P1404o1375.jpg
15・16
P1504o1376.jpg P1604o1386.jpg
17・18
P1704o1387.jpg P1804o1389.jpg
19
P1904o1390.jpg
関連記事

0 Comments

Add your comment